子どもが幸せになることば

田中茂樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478106266
ISBN 10 : 4478106266
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;19

内容詳細

「思い通りに育てられない…」親の悩みが幸せに変わる29の言葉。4人の子をもつ医師が親の悩みに20年寄り添った経験と心理学に基づく方法。

目次 : はじめに 「出木杉くん」と「ちびまる子」/ 第1章 0〜3歳―子どもが世界と出会う時期(予防接種の注射をこわがっているとき/ 歯磨きをしないとき ほか)/ 第2章 3〜5歳―「その子らしさ」が出てくる時期(野菜を食べられないとき/ 弟や妹ができて、わがままが増えたとき ほか)/ 第3章 6〜8歳―学校生活が始まる時期(好きな番組が始まる前からテレビの前で待っているとき/ 「もう学校には行かない!」と言ったとき ほか)/ 第4章 9〜12歳―思春期が始まる時期(いつまでも宿題をやらないとき/ 夜遅くまでテレビを観ているとき ほか)/ 第5章 13歳以上―親子の別れが始まる時期(元気づけようと思って/ 服を脱ぎっぱなしにしているとき ほか)

【著者紹介】
田中茂樹 : 1965年東京都生まれ。医師・臨床心理士。文学博士(心理学)。京都大学医学部卒業。共働きで4児を育てる父親。信州大学医学部附属病院産婦人科での研修を経て、京都大学大学院文学研究科博士後期課程(心理学専攻)修了。2010年3月まで仁愛大学人間学部心理学科教授、同大学附属心理臨床センター主任。専門領域は、fMRIを用いた高次脳機能の研究および失語や健忘などの高次脳機能障害。現在は、奈良県の佐保川診療所にて、プライマリ・ケア医として地域医療に従事。病院と大学の心理臨床センターで17年間、不登校や引きこもり、摂食障害やリストカットなど子どもの問題について親の相談を受け続けている。これまで5000回以上の面接を通して、子育ての悩みを解決に導いてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ルル さん

    「こども」だけでなく、大人への言葉掛けにも役立ちます!「人間」は体の大きさで、大人とこどもを分けていますが、同じ「人間」です。言い換えると、ひとに対する言葉がけへの普遍性を理解できます^^

  • かんたあびれ さん

    子どもは自分で成長する力を持っているから、信じること。子どもは外で頑張っている、ガミガミ言わずリラックスできる環境を作る。などなど。わかる、わかるよ。わかるよ。わかるけど、いつもこれはできないんだもん。でもこれ出来ないと困るかなって先回りしすぎかも。もっと気楽に考えていいってのには安心した。

  • よしみん さん

    ありのままの子どもを受け入れる。家は子どもがリラックスできる安全な場所。子育ては貴重な時間だから楽しんだほうがよい。という著者のメッセージは、子どもの能力をのばそうとする教育本とは一線を画していて、もっと肩の力を抜いて楽しんでラクして子育てをしていいのだと思えた。途中のコラムも興味深く、感謝を伝えることのメリットが特に参考になった。親の都合ではなく、子どもの立場に立って書いてある本だと感じた。「母親は子どもにさられるためにそこにいなければならない」その時までの時間を大切にしたい

  • 6haramitsu さん

    さらっと読めます。太字だけ読んでも十分。基本的にAgreeな内容で自分たちの考えが裏付けされた感じでちょっとホッとした。アドラーと同じかな、もうそこらへん区別する必要もないくらい、一般化してきていると感じる。 「命の軽い重いの差はあると思いますか?」に「差はない」なのに「親と子は平等と思いますか?」の質問に違和感がある人が多いと思うけど、2つの質問は同じ事です。もう親が操作的に子供をどうのこうのする必要は無い事に気づくはず。種まきして出てきた双葉の形が気に入らないといって、双葉の形を変えようとしますか?

  • ちょこ太 さん

    たのちみだねぇ、のエピソードがほんとかわいかった。気楽に楽しく子育てしよう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品