コーポレートファイナンスの戦略と実践

田中慎一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478105412
ISBN 10 : 4478105413
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
472p;21

内容詳細

会計の基本から、M&Aでの企業価値評価方法、株主への還元政策・IR戦略の要点まで。
充実のケーススタディで、経営戦略のつながりが直感的につかめる。大手証券会社からメガバンク、総合商社まで、上場企業から大人気の研修がこれ一冊に!現場と理論2人のプロが書いたコーポレート・ファイナンス本の決定版。

【著者紹介】
田中慎一 : 株式会社インテグリティ代表取締役/財務戦略アドバイザー/News Picksプロピッカー。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券等を経て独立。監査法人、証券会社を通じて会計監査、IPO支援、デューデリジェンス、M&A・事業再生・資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。独立後は、アドバイザリーサービスだけでなく、買収後の企業変革を推進するコンサルティングのほか、自らターンアラウンドマネージャーとして買収先企業の再建に取り組む

保田隆明 : 神戸大学大学院経営学研究科准教授。リーマン・ブラザーズ証券、UBS証券にて投資銀行業務に従事後、2004年に起業しSNSサイトを開設。同事業売却後、ベンチャーキャピタル、金融庁金融研究センター専門研究員、小樽商科大学准教授、昭和女子大学准教授を経て2015年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nekozuki さん

    非常に実務に寄り添った構成。マルチプル、DCFによるValuation実務とエクイティファイナンスに関する解説が詳しい。“コーポレートファイナンス”の教科書として考えると、論点をかなり絞ってあるため十分とは言いがたいかもしれないが、基本書的位置づけの本はブリーリーはじめたくさんあるのでそういった本を読めば良いと思う。日本企業が事例として紹介されている本が少ないため貴重だが、砂川伸幸の『日本企業のコーポレートファイナンス』と比較し、論点が限定的である一方、実務上の取り組み方が深堀りされている。実務者向け。

  • はち さん

    @90 ファイナンスの本としては過去いちばん分かりやすかった。理論を理解した上で手を動かしてみたい。何度か繰り返し読まないとな。

  • Great Eagle さん

    とても平易に解説された内容です。そして市場の実際をにらんだ実務面からのアプローチがあるので、とても実践的な内容に仕上がっていると思います。

  • まさ さん

    なかなか読みやすく、基礎を勉強するにはよい。特に企業価値の出し方、未上場企業の株価算出、IRの基礎、などは勉強になる★★★★流動性が大切。 72➗年数=元本が二倍になる金利 72➗金利=元本が二倍になる年数

  • Kensuke Kita さん

    この本はとても分かりやすく、間違いなく何度も再読する。 「経営戦略としてのファイナンス理論」という軸がしっかりしているので、「実践」的で「明解」な説明がされているため、汎用性が高い。 P&L中心主義からキャッシュフロー経営を意識した事業計画策定(3年、5年)にあたり多くのヒントを得られたのと、自分の中であまり具体的なイメージを持てていなかった資本還元政策や、ニュースへの感度、示唆だしに向けた手の動かし方について知れたのは大きい。必ず再読します。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品