まるごと三味線の本

田中悠美子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787272775
ISBN 10 : 4787272772
フォーマット
出版社
発行年月
2009年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,328p
332p A5

内容詳細

目次 : 第1章:三味線のいま / 第2章:三味線の昔 / 第3章:越境する三味線 / 第4章:日本全国三味線紀行 / 第5章:三味線を演奏してみる / 第6章:三味線演奏を鑑賞してみる / 第7章:ハードウェアとしての三味線 / 第8章:三味線の魅力とこれから

【著者紹介】
田中悠美子 : 義太夫三味線演奏家、元・兵庫教育大学准教授。1990年度芸術選奨文部大臣新人賞受賞。2006年ACCグランティー、08年度文化庁新進芸術家海外留学特別派遣

野川美穂子 : 東京藝術大学、東海大学、武蔵野音楽大学ほか講師

配川美加 : 東京藝術大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • れみ さん

    夏に受験する試験の楽理問題の参考のために。必要なのは楽器の構造や呼び名、調弦の呼び方などほんの一部だったけど、ついでに楽器や三味線の音楽の歴史と変遷についてもひととおりざざっと読んだなかで…種目ごとに区別されあまり交わらないところから近年は色々なジャンルとも交わるようになったという印象があったけどずっと昔には色々な種目に通じた奏者の人もいっぱいいたのが特定の種目に特化して修行するようになっていった経緯があったところが興味深かった。確かに日本人って一つの道をまっすぐ高いところまで極めるのとか好きだよね。

  • まめはち さん

    2008年12月国立劇場での『遠山桜天保日記』の復活上演についての記載あり(p188)。 見たかったのでこのページだけでも儲けもの。 1896年(明治29年)初演 影囃子に使用した三味線音楽 2,4幕目 端唄「嘘と誠」「さんさ時雨」「新内流し」 5幕「新潟おけさ」「相川音頭」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品