なんとなく、クリスタル 河出文庫

田中康夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309412597
ISBN 10 : 4309412599
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
241p;15

内容詳細

1980年東京。大学に通うかたわらモデルを続ける由利。なに不自由ない豊かな生活、でも未来は少しだけ不透明。彼女の目から日本社会の豊かさとその終焉を予見した、永遠の名作。

【著者紹介】
田中康夫 : 1956年、東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。『なんとなく、クリスタル』で80年、文藝賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • harass さん

    気になり借りる。初読であるが、以前読んだ誰かのエッセイでマルクス主義批評の視点からこの小説の読み方を知り感心していたからだ。80年バブル期のアッパーミドル階級の大学生の東京生活を描く。見開き右が本文で、左は本文にでてくるブランド品や遊び場や洋楽の批評的な大量の注釈。大量の〈商品〉ブランド名で描かれる、なんとなくという気分の登場人間は空虚でしかない。華やかで当時の時代の先端だったのかもしれないが、資本主義社会では、人間がきらびやかな商品の従属物でしかないことを明示している恐るべき実験小説。

  • ヨミー さん

    「33年後のなんとなく、クリスタル」が出てなんとかく読みたくなり、まずはこちらからということで読んだ。話題になっていたが全く手に取ろうともしなかった。40ページ程の大量の注を見ながらは大変でしたが、これはなかなか良かった。そんなに入り込めないけど、33年後は、気になります。

  • よこしま さん

    答えは最後にある。◆本文となんら関係のないようにも見える、80年当時の合計特殊出世ならびに老年人口比率の予想。◆発行当時、私はまだ小学生。彼の名はメディアに多く出てきた分、嫌でも知る訳で。なぜ、『33年後』が出版されたか?冒頭でお分かりでしょう。◆頁右はアイデンティティを持つこともない、当時の学生らの生き方。左は注釈と見えそうで実は彼自身の嫌味を混ぜた時代の魅せ方。これをトリックに仕掛を置く。◆社会が異様な繁栄に向かう中、悪夢に向かっているんだよ、という彼の先見の明となる警告が最後に飛んでくる訳です。

  • かみぶくろ さん

    切り口がテクニカル。登場人物というより小説の内容自体がどこまでも空疎なのもきっと意図的なんですよね。ワンテーマを伝えるという意味では大成功だと思う。なんとなくの記号消費で生きていく価値観は現在も当たり前のように大きな位置を占めていて、小説でもちょくちょく見るテーマなんで目新しさは感じないが、80年当時の問題提起としては斬新だったのだろう。最近発表されたらしき続編にとても興味がある。ネットの影響でとりとめなく多様化複雑化している現代日本を、消費社会の文脈でどのように描くのだろうか。

  • 上田氏 さん

    442本にのぼる注釈が本体。80年の東京若者カルチャーと、世のなんやかんやに対する著者の反発めいた皮肉とが、2層に分離したまま、「なんとなく」たゆたう。より実験的だったり感覚的だったりする手法すらもがありふれてしまった今、これを読んで当時の受け止められ方と、与えた衝撃を偲ぶのは難しい。字数も少ないのでサラサラと読み進んでしまうのだが、そこに「なんとなく」感じられる空気があること、40年前のクリスタルなアトモスフィアが今も解凍可能な状態で保存できていることは、大量の注釈の成す効果の一つではあるはず。たぶん。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田中康夫

1956年=昭和31年東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。1980年、『なんとなく、クリスタル』で「文藝賞」受賞。阪神・淡路大震災後、ヴォランティア活動に従事。信州・長野県知事、参議院議員、衆議院議員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

田中康夫に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド