劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影 Jump J Books

田中創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087032871
ISBN 10 : 4087032876
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;18

内容詳細

クラピカの眼が奪われた!?ゴンたちのもとに届いた驚愕の知らせ。しかも奪ったのは死んだはずのクルタ族だという。そして姿を見せる”幻影旅団”・・・。大人気コミックス初の劇場版を完全小説化!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa さん

    アニメや漫画で所々見ていたHUNTER HUNTER。泊まっているペンションにあったので読んでみた。この話は劇場でも見なかったので初めて知るお話。キルア好きとしては、沢山登場していて嬉しい。キルアの兄イルミの縛りと葛藤し、己の弱さに直面させられ落ちていく。親友ゴンの真っ直ぐで純粋な想いと言葉は彼を何度も救い、奮い立たせる。クラピカのクルタ族の絶滅の謎と、彼の親友との叶わぬ約束が切ない。それでも強い想いは生命をも超え、悲しみの余韻を残しても尚、相手には届くのだと。生きている者の歩み続けていく未来を思う。

  • จีนรัก さん

    映画化していることもあって、原作を先に読んだが、すごく面白かった。映画も後々見ましたが、ほぼ内容は同じでした。ただ、1時間くらいで読み終わる本なので文章はイジーです。

  • チイ さん

    映画とちょっと違っていて楽しめた。

  • Humbaba さん

    本来はもう会えないはずの大切な相手と出会うことが出来た。それ自体は非常に喜ばしいことだが、いつまでも過去に囚われているわけにはいかない。過去を大切にして懐かしむことが悪いわけではないが、それによって今を蔑ろにしてしまうとすればそれはとても大きな損失になってしまう。

  • tadashi さん

    1日で読了。漫画のキャラクターが最初から頭の中にあるので小説になっても入り安い。人間の歪んだ欲望とその犠牲になる人間、人間の心の闇を描きながらも、最後には、人間の精神の気高さ(他の誰にも精神は支配されない)を感じられた作品だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田中創

東京大学大学院総合文化研究科准教授。1979年東京都生まれ。2010年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。2014年東京大学講師を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品