頭の中の昏い唄 竹書房文庫

生島治郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801924543
ISBN 10 : 4801924549
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
528p;15

内容詳細

どうにもならない。どうにもならない。ドウニモナラナイ…。男の未来は暗い。仕事仕事の毎日は彼を狂わせる。単調な日々に倦んだ男が、ある夜団地の屋上で、耳ざわりな童謡を歌っている少女と出逢い、人生が変わる表題作「頭の中の昏い唄」。香港に赴任した男が食と色の欲に溺れていく、脳味噌と胃袋を刺激する美食譚「香肉」。老人たちによってこき使われ搾取される若い世代が、ある日肩に現れた緑色の小人によって一致団結してゆく「世代革命」。スランプにおちいった作家に“やつ”がささやき、人格を乗っ取ろうとする「誰…?」など、必ずやあなたに悪夢をお贈りする、クールで鋭利な奇妙の味の短篇集。星新一による解説を再録。

目次 : 1(香肉/ 過去の女/ 蜥蜴/ 遺伝/ 夜歩く者/ 念力/ 頭の中の昏い唄/ ダブル・ショック/ 殺しあい/ ヤブイリ/ 世代革命/ 夢幻器/ 誰…?/ 名人/ 前世/ 大脱走/ いやな奴/ 顔/ ゆたかな眠りを/ 暗い海暗い声)/ 2(ああ、神様!/ 恋の痛み/ 哀しい道化/ しつこい男/ MAMMY‐O)/ 東京二〇六五

【著者紹介】
生島治郎 : 1933年、上海生まれ。早稲田大学英文科を卒業後、早川書房に入社。「エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン」編集長を勤めたのち、退社。その後、『傷痕の街』でデビュー。1967年、『追いつめる』で第57回直木賞受賞。ハードボイルド小説や『黄土の奔流』のような冒険小説が有名だが、いわゆる“奇妙な味”の短篇にも傑作が多い。2003年死去

日下三蔵 : 1968年、神奈川県生まれ。出版社勤務を経てフリー編集者、ミステリ・SF評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • m.myzk さん

    これは凄い。著者の本は初めて読むが、表紙の奇抜さも短篇の内容も申し分ない。短篇とショート・ショートを交互に読める構成が斬新で、内容はどれも奇妙な味と言っても違和感がなく、読み進めるほどにその奇妙な味が癖になる。ハードボイルド作家として有名らしいが、最後の『東京二〇六五』はまさにそのハードボイルドが十分に楽しめる内容だった。

  • クロノ さん

    初めて触れる作家さん。大胆で尖ったデザインの表紙とあらすじに惹かれ読んでみた。ハードボイルド作家だとずっと思っていたのでこういう作品を書いていたのは驚き。収録作品全て好みの差はあってもつまらないものは無く、どれも楽しんで読めた。ショート・ショート作品が特に好み。巻末の編者解説も興味深い。奇妙な味の短編たちをたっぷり味わえた満足の一冊。

  • きっしょう さん

    「SF」系統よりも「奇妙な味」系統のほうが楽しめる作品が多かった。星新一のショートショートのような乾いた切れ味は無いが、ウェットかつ人間臭さ、艶めかしさや不気味さを感じる作品がいくつか。

  • たかあき さん

    古い作品だったんだね。 何も知らずに読んで、そういう懐古主義な作品かと思ってた。 とりあえず、短編の面白さと苦手さを両方味わいました。 個人的に短編はやっぱり苦手。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

生島治郎

1933年、上海生まれ。早稲田大学英文科を卒業後、早川書房に入社。「エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン」編集長を勤めたのち、退社。その後、『傷痕の街』でデビュー。1967年、『追いつめる』で第57回直木賞受賞。ハードボイルド小説や『黄土の奔流』のような冒険小説が有名だが、いわゆる“奇妙な味”の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品