プロレス鎮魂曲 リングに生き、散っていった23人のレスラー、その死の真実

瑞佐富郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866363929
ISBN 10 : 4866363924
フォーマット
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
287p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aloha0307 さん

    中学まで熱心なプロレスファンであったが、当時のスター選手はすでに逝去されていた。アンドレ・ザ・ジャイアント 223cm&236kg 馬場さんより一回り大きい👀 当時のリング・アナウンサー:古舘伊知郎さんが”世界の8番目の不思議””現代のガリバー旅行記”と絶叫してたよなあ☺ ジャンボ鶴田さんは愛妻家 「どちらかが先に死んだら、いつでもそばにいるよ と何か合図を送ろう」と奥さんと話してました✿ 素敵だな✿

  • roatsu さん

    プロレスそのものへの愛情と新旧取り混ぜた名物レスラーたちへの敬意、愛すべき生き様への哀惜に満ちたドキュメント。少し変わったプロレス入門書としても面白いかも。レスラーの人生の軌跡はつくづくとドラマだし、陳腐だけれど自分も頑張ろうと思わずにはいられない。ジャンボ鶴田さんなんてリング上の強さの他にも人生自体への目標設定と実現への強い意志力に感嘆する。好きだったマサ斎藤さんや橋本真也さんの章も良かった。著者の真剣ながらもユーモラスな文体も面白く、米国時代のマサ斎藤の「契約書がよく読めずリングに上がったら相手が熊だ

  • 姉勤 さん

    昭和マットを彩った数多のレスラーたち。山田風太郎の「人間臨終図巻」ではないが、世に知られたキャラクターの相応しき大往生もあり、意外、天外、儚き早逝もあり、本性を隠し世に作られたキャラクターに殉じた死もあり。死の前の生き様は、スターたる大物は大物らしく、ヒール(悪役)はヒールを演じきった。惜しまれない死などないが、彼らの生涯の溌剌さや力強さが、より切なく、涙を誘う。

  • おおきなかぶ さん

    中々、感情に訴えてくる一冊でした。

  • りえぞう さん

    ◎。不幸な最期を迎えた人、デストロイヤーみたいに家族にも仕事にも恵まれて88歳で大往生した人……意外性あるエピソード、さもありなんという話等。コアなプロレスファンにはあるあるかもしれないが、とても面白く読めた。馬場さんの靴の中で猫が寝てたなんて、もう、最高❗️

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品