虚構推理 1 月刊マガジンKC

片瀬茶柴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063714913
ISBN 10 : 4063714918
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

『絶園のテンペスト』城平京 最新刊!! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!

“怪異” の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、 “怪異” にさえ恐れられる男だった!? 2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は―― !?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 徒花 さん

    妖怪たちに祭り上げられた少女ととある事情から妖怪たちにおそれられる男のラブロマンス魑魅魍魎ミステリーコメディ。主人公はやたらモッテモテ。そしてなにより、私はこの人の絵柄がめっちゃ好き。なんというか、切れ味鋭い目とシャープなタッチの線が好みなのだ。ショートカットのサキさんがふつくしすぎる。しかし、「推理」という名前はついているものの、少なくとも1巻目を読む限りミステリー的な要素はほとんどない。2巻目以降になると増えてきたりするのだろうか。九郎くんをとりあうバトルが勃発しそうで楽しみです。

  • ゼロ さん

    表題が虚構推理ということで、どんな探偵ものなのかと楽しみにしていたら、伝奇ものでした。話の軸が妖怪であり、怪異たちの知恵を司る神となった少女と、不死身の男性の2人を中心に繰り広げられるミステリでした。絵柄が可愛らしく、シャープであるため、読み易いです。キャラクターとしては、岩永 琴子が強く、怪異たちの知恵の神になることと引き換えに片目と片足を失っているというヘビーな設定。桜川 九郎に求婚を求めているが、今のところイケメンという以外に魅力を感じない。警察も出てきたし、これから魅力が出てくるのか。

  • イーダ さん

    九郎くんも不老不死という事だけど、琴子ちゃんもそうなのかな?二人が最初に会ってから2話まで4年が経ってるハズなんだけど、見た目が変わってない。まあ、ふたりともマトモな人間じゃないからそれもアリかもしれませんけど。絵も可愛らしく、妖怪たちの描写もいいですね。ハーレクイン好きな落ち武者とかスカートの中から出てくる一反木綿とか。書きおろしのカッパも見た目は不気味だけど妙にかわいいし。早く続きが読みたくなってきました。

  • ぴよの助 さん

    やばい!めちゃくちゃ面白い!流石城平先生!絵もすごくいい!あれだけ袖にされたのに彼女になれたの?続きも早く読む!

  • あーさん☆今月の目標後130冊(≧▽≦) さん

    人間じゃないもの。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

片瀬茶柴に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品