片山杜秀の本 2 音盤博物誌

片山 杜秀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784903951072
ISBN 10 : 4903951073
フォーマット
発行年月
2008年05月
日本
追加情報
:
19cm,312,14,15p
328p B6

商品説明

片山杜秀の本2 音盤博物誌(片山杜秀著)
21世紀の真の音楽批評がここにある!

大好評の『音盤考現学』に続く第2弾!
『レコード芸術』の人気連載、堂々の完結篇!
初版限定! 袋とじ付録「カタヤマモリヒデの作り方」付いてます!

岡田暁生さん推薦!
「僕なんか逆立ちしてもかなわない人」
─私は片山さんを誰かに紹介するとき、いつもこう言うことにしている。
 片山さんは異形の文体の持ち主だ。こんなにも凄まじい凝集力をもつ文章には滅多に出会えない。
 ひとつひとつの単語がまるでウェーベルンの音符のように、読者の脳髄の中で次々爆発する。しかもこんな核分裂みたいなセンテンスが、ロッシーニのテンポで機銃掃射されるのだ。そして彼が書いたものを読み終わると ─いつだって音楽が、思想が、社会が、時代が、それ以前とはぜんぜん違って見えてくる。
 かつて福田恒存は吉田秀和のことを「真の音楽批評家の名に値する日本で唯一の人」と呼んだが、僕にとって片山さんは「真に21世紀の音楽批評家の名に値する唯一の人」である。
 岡田暁生(京都大学准教授、中公新書版『西洋音楽史』著者)

328頁
内容
吉田秀和氏も激賞した前作『片山杜秀の本1 音盤考現学』に続く第2弾。
シューベルトを近眼派音楽の夜明けと断じ、金満的ヴィブラートの淵源はクライスラーにありと喝破、信時潔から坂本龍一に至る隠された楽統を暴き出し、ショスタコと恋愛映画の意外な親和性を解明する─
音盤の博物学者・片山杜秀が渡り歩いた傑作・問題作。
『レコード芸術』誌の人気連載「傑作!? 問題作!?」の後半50本を完全収録!

著者プロフィール
片山杜秀(かたやま・もりひで)
音楽評論家、思想史研究者。1963年仙台生まれ。東京で育つ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は政治学。著書に『片山杜秀の本1 音盤考現学』(アルテスパブリッシング)、『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ)、共著書に『伊福部昭の宇宙』(音楽之友社)、『日本主義的教養の時代』(柏書房)など。朝日新聞、産経新聞、『レコード芸術』『CDジャーナル』等で音楽評を執筆。『週刊SPA!』に1994年から2003年までコラム「ヤブを睨む」を連載。200枚以上のCDのライナー・ノートを手がけ、またCDレーベル、ナクソスの「日本作曲家選輯」の企画構成を担当。2006年、日本近代音楽研究の業績により、京都大学人文科学研究所から人文科学研究協会賞を受ける。2008年4月より慶應義塾大学法学部准教授。(アルテスパブリッシング )

内容詳細

目次 : 〜音盤の博物学者・片山杜秀が渡り歩いた傑作・問題作。 / 『レコード芸術』誌連載の後半50本を完全収録!〜

【著者紹介】
片山 杜秀 : 音楽評論家、思想史研究者。1963年仙台生まれ。東京で育つ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は政治学。朝日新聞、産経新聞、『レコード芸術』『CDジャーナル』等で音楽評を執筆。『週刊SPA!』に1994年から2003年までコラム「ヤブを睨む」を連載。二百枚以上のCDのライナー・ノートを手がけ、またCDレーベル、ナクソスの「日本作曲家選輯」の企画構成を担当。2006年、日本近代音楽研究の業績により、京都大学人文科学研究所から人文科学研究協会賞を受ける。2008年4月より慶應義塾大学法学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ニールキャサディ さん

    音盤考現学も凄かったが、この本も博覧強記に圧倒される。音楽から文化文明批評に話が及び、それも決して恣意的な解釈ではなくきちんと説得力を持って、議論が展開されている。まだまだシリーズ本があるのが嬉しい。菊池成孔が今日本で一番良い文章家とラジオで話していたが、深く同意。

  • タイコウチ さん

    紹介されるのはクラシックばかりなので、聴いたことがあるどころか名前を知っているものもあまりない。にもかかわらず不思議に面白いのは、音盤解釈をネタに文化・社会を語りつくす話術の力だろう。堅苦しく古めかしい言葉遣いがブレンドされた軽妙で調子のいいアジ演説のような文章に、古今東西の蘊蓄がこれでもかと盛り込まれ、現代音楽マニアのオタク魂が炸裂している。さまざまなクラシック現代音楽がいまだ次々と制作されていることを教えられるとともに、好きな音楽に真剣に耳をすまし、自由に楽しむという原初的な喜びを思い出させてくれる。

  • Cell 44 さん

    永遠に読んでいられる。

  • ドミニク さん

    ★★★★☆

  • note103 さん

    おもろい2

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

片山 杜秀

1963年、宮城県生まれ。思想史家、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。専攻は近代政治思想史、政治文化論。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。著書に『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテス・パブリッシング、吉田秀和賞・サントリー学芸賞)、『未完のファシズム』(新潮選書、司馬遼太郎賞)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品