365日 365ホテル 上

瀧澤信秋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838726868
ISBN 10 : 4838726864
フォーマット
出版社
発行年月
2014年07月
日本
追加情報
:
222p;19

内容詳細

1年365日毎日違うホテルを利用し続ける、過酷なミッションを自分に課したホテル評論家が、100%利用者目線でリサーチ。あるゆるジャンルのホテルを、60項目で詳細採点!前代未聞のホテルガイド!26都道府県、全181軒、コストパフォーマンスの高いホテルがすぐわかる。旅行記&グルメガイドとして、一人旅に欠かせない情報も満載!

目次 : 2014年1月/ 2014年2月/ 2014年3月/ 2014年4月/ 2014年5月/ 2014年6月

【著者紹介】
瀧澤信秋 : ホテル評論家。「All About」公式ホテルガイド、ホテル情報メディア「Hotelers」編集長。日本旅行作家協会会員。宿泊者・利用者の立場からホテルや旅館全般を評論。ホテルや旅のエッセイなども多数発表。日本を代表するホテル評論家としてテレビやラジオへの出演、雑誌などへの寄稿など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みなず さん

    本文の文字が小さくて、老眼気味の私はなかなか捗らず、苦しむ。内容は公私ともに興味深く、カラダを張ったホテル評論に、笑いあり。旅行以外、ホテルの宿泊は皆無だが、都内のホテルを現実逃避(家出?)で、利用したくなる一冊。

  • ta-na さん

    今までは何気なく泊まっていたホテルだが、これからはベッドメイクやデスク周りなどにも注目してみたい。出掛ける用事はないが、無駄に遠出してホテルに泊まりたい…そんな気にさせられた。下巻が楽しみ。

  • チョビ さん

    一月15万の予算でホテル泊まり歩きミシュラン。当然波があるので、参考になるのかなあ?読み物として捉えたほうがいいかも。ただ安く宿泊するとうことすら「努力」がいるのだなあ、と感心。いわゆるシティホテルからカプセルホテル、ラブホにいたるまで満遍なく記載だが、基本はビジホ。東京の23区内新宿〜巣鴨あたりが多いです。ターミナル駅よりちょっと歩くが、あるいはターミナル駅にないホテルがいいか、というとそうでもなく玉石混交にも驚いている。ホテルに不況なし?なわけないと思うんですが…。

  • RuiRui さん

    毎日、デラックスから、カプセル、レジャー(ラブホ)まで違うホテルを自腹で巡り、日記みたいに書かれたかなり異色の本。いやいろんなホテルがあるものです。今現在、下巻の旅をどこかでしているというのも面白いw

  • トライ さん

    タイトル通りの1年を送る本の上巻。面白かった。デラックスホテルからビジホ、カプセル、レジャーホテル(ラブホテルのことをそう言うらしい)まで各種ホテルに泊まり続ける。ホテル→家で仕事→ホテル、とか、高速代を浮かすために深夜にチェックアウトとか、大変な(本当ならやらなくてもいい)努力もとても面白い。旅に役立つちょっとした小技も。レジャーホテルへの取材で「サービスは10年先を行ってます」とあったけど、確かにそうかも。そして意味もなくカプセルホテルに泊まりに行こうかと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

瀧澤信秋

ホテル評論家。コストパフォーマンスの高い国内ホテルを徹底取材、宿泊者目線で評論活動を行う。ホテル業界全般や、サービス、ホスピタリティ、クレーム対応、ホテルグルメなどについて、ホテル経営者やスタッフなどへの綿密な取材の上、各種媒体を通じて情報を発信している。また、旅行作家として、ホテルや旅のエッセイな

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品