エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 展覧会公式図録

濱中利信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309277073
ISBN 10 : 4309277071
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
143p;29

内容詳細

ゴーリー没後にアメリカで巡回した「Elegant Enigmas」が日本に! 謎多き作家の全貌を解き明かす、原画展公式図録。

【著者紹介】
カレン・ウィルキン : キュレーター、美術評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    【エドワード・ゴーリー誕生日読書会'19】エドワード・ゴーリー原画展の図録らしいが、多くの絵が掲載されていて、その世界に触れることができる。ゴーリーの世界を俯瞰出来て、それぞれの本を読みたくなってくる。ゴーリーの世界にはまってしまったようだ。

  • らぱん さん

    英語のタイトルの中の言葉 "Enigmas" がとてもいいと思った。「得体が知れない」とか「不可思議」といった意味合いで "Elegant Enigmas"「優雅で得体が知れないもの」とは自分のイメージのゴーリーにぴったりだ。言葉や文字が好きだったのだなというのも感じられて、カリグラフィといっていいのだろうか、飾り文字が絵のバランスや雰囲気ともあっていて美しかった。また、母親宛に出された手紙の封筒に描かれた絵なども掲載されており、絵本や作品とされているもの以外を見ることができて満足した。

  • ヒデミン@もも さん

    ゴーリー展にて。図録の装丁の色が好き。リッッンはお買い上げ。

  • ハイカラ さん

    どうしても展覧会に行けないから、泣く泣く図録だけを入手。ゴーリーのイラストをたっぷり堪能できて満足した。いや、それにしても展覧会に行って生で見たかったな……。

  • ペルー さん

    さらっと斜め読み。でもイラストは結構しっかり眺めました。モノクロの彼の作品しか見たことがなかったので、カラーが新鮮でした。モノクロは暗さとか恐ろしさが強調されるけど、カラーだと淡い色使いのせいか、ちょっと可愛らしさが出ますね。モノクロでも可愛い子供や動物のものもあって、今回たくさんの彼の作品が見れて良かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

濱中利信

1961年東京生まれ。1976年、初めてゴーリー作品と出会う。慶應義塾大学文学部在学中は推理小説同好会に所属する。1999年、日本で最初のエドワード・ゴーリーに関するホームページ「Wonderful World of Edward Gorey」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品