エドワード・ゴーリーの世界

濱中利信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309290751
ISBN 10 : 4309290752
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;20

内容詳細

唯一無二の作家の魅力とユニークな作品を紹介した日本オリジナル編集のガイド。世界的コレクター濱中氏のコレクションを増補改訂した最新決定版!カラーページも増量、図版多数掲載。

《著者》
濱中 利信(ハマナカ トシノブ)
1961年東京生まれ。著書『少年探偵団読本』(共著、情報センター出版局)。日本で最初のエドワード・ゴーリーに関するホームページ「Wonderful World of Edward Gorey」を開設。

柴田 元幸(シバタ モトユキ)
1954年生。『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、『メイスン&ディクスン』(上・下)で日本翻訳文化賞を受賞。著書に『翻訳教室』他、訳書にポール・オースター『幻影の書』他多数。

江國 香織(エクニ カオリ)
一九六四年東京都生まれ。著書に『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(山本周五郎賞)、『号泣する準備はできていた』(直木賞)、『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』(谷崎潤一郎賞)などがある。

【著者紹介】
濱中利信 : 1961年東京生まれ。1976年、初めてゴーリー作品と出会う。慶應義塾大学文学部在学中は推理小説同好会に所属する。1999年、日本で最初のエドワード・ゴーリーに関するホームページ「Wonderful World of Edward Gorey」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 旅するランナー さん

    これ一冊で、あなたもゴリゴリのゴーリー通になれます。さりげなく、ねじれていて、毒のあるユーモアが溢れ、ゴーリー愛が高まります。そこには不条理な絶対性が確かにあります。

  • 蘭奢待 さん

    ゴーリーマニアによるゴーリーマニアのための本。カラー書影の作品カタログと、エッセイ、対談で構成。実に多作で、邦訳はほんの一部であることを知る。数作を読んだが、大人の絵本であり、作風はシュール。ストーリーも登場人物も、変な生き物も意味不明、伏線として回収されることもない。答えはなく好きに解釈するのが正解らしい。ゴーリー氏曰く、WYSIWYG。考えるな、感じろ、といったところだろう。

  • つちっち さん

    独特の韻を踏んだ文章と独自のモノクローム線画で作品を残したエドワード・ゴーリーの解説本。絵を見ればなんとなく知ってはいるけど…ぐらいの絵本作家だったけど、魅力は絵ばかりではないみたい。そして、残酷ばかりでもないみたい。翻訳の優れたものをいくつか読んでみよう。

  • ふゆ さん

    ゴーリーのナンセンスさが大好き!と言った人がいて、とてもとても違和感を感じたものでした。ナンセンス…?あとエドワード・ゴーリーは憚らす大好き言っちゃっていいんだ?逆にアメリカ的でないところがアメリカンだ、という対談の言葉がふに落ちました。アメリカという不安さ、クリスティや源氏物語に憧れるところ。訳したい人はたくさんいたのに柴田元幸がかっさらっていったところ。カラーページも楽しいです。ゴーリーの豆本、考えるだけで楽しい!

  • ギプス さん

    【図書館本】 和訳されている絵本は何冊か読んだ事はあるし、5冊程は持っている エドワード・ゴーリーが今まで出した本が網羅されているので、表示だけ見て「この絵本読んでみたいな〜」などと思ってます 全て不幸なタロットカード、アマゾンにあった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

濱中利信

1961年東京生まれ。1976年、初めてゴーリー作品と出会う。慶應義塾大学文学部在学中は推理小説同好会に所属する。1999年、日本で最初のエドワード・ゴーリーに関するホームページ「Wonderful World of Edward Gorey」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品