マンガでわかる歌舞伎 あらすじ、登場人物のキャラがひと目で理解できる

漆澤その子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416516584
ISBN 10 : 4416516584
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;21

内容詳細

50演目収録。知識ゼロから“マンガでわかる”歌舞伎の本。上段約4分の3がマンガ、下段約4分の1が解説文。マンガで大まかなあらすじや鑑賞ポイントなどを紹介し、解説文で作品の概要などより詳しいことが分かるようにした。

目次 : 1 歌舞伎を観る前に(演目の種類を知ろう/ 登場人物は見た目が9割?/ 「歌舞伎ならでは!」独特の演出/ 歌舞伎の音 ほか)/ 2 50演目を観てみよう(歌舞伎ワールドへようこそ!/ やっぱりおもしろい三大名作/ 恋が人生を狂わせた!/ 死んでも実らせたい恋がある ほか)

【著者紹介】
漆沢その子 : 1970年東京生まれ。1993年筑波大学第一学群人文学類卒業。1999年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。2001年博士(文学)。現在、武蔵大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chimako さん

    字が小さく多すぎて後半は流し読み。しかーし、歌舞伎に対する想いは深くなった。最初は昼の部が良いな。残念ながら海老蔵は苦手だが團十郎の名跡の大きさを改めて認識。今年中に歌舞伎座へ行ってみたい。分からないのだから良い席で気後れするより先ずは隅っこで雰囲気を。手頃な席もある。個人的には中村屋と高麗屋が贔屓。何にもわからないけどね(笑)

  • sssakura さん

    最近気になる歌舞伎をもっと知りたくなり 、手に取りました。マンガと言っても、字が多く、注釈も沢山あり、読み応えがありました。隈取の色で悪を表していたり、着物の柄の意味や、身分による違いなど、興味深いことばかり。とても面白かったです。ますます歌舞伎を生で観たくなりました。

  • sora さん

    見ていてもなんとなく、わかる歌舞伎が、見どころを解説したり衣装が物語るものや顔の模様色で、悪役 妖怪などがわかるとか至れり尽くせりの解説書です。間違いなく役に立ちます。

  • えがお さん

    小学生の子供達にもわかりやすいかなと借りてみたが、普通に大人向け(笑) 歌舞伎を1から勉強したいなと思う大人が読むにはとっつきやすいかなという印象

  • in medio tutissimus ibis. さん

    こんなに今と昔で意識の差があるとは思わなかった…! コメディは今でも普通に通じそうではあるけれど、シリアス度が増すに従って首をひねる展開が多くなる。ただ意識の差ばかりが理由ではなく、話の前後を無理やり切り取ってるせいもある模様。バレエとか京劇とかもだけど、演劇なんか見栄えと役者と演奏重視で話は二の次だから、文章で解説されればされるほど訳がわからなくなるものか。その点で漫画で解説というのは着眼点はいいし実際面白いのだけれど、あまりに多くの演目を紹介しようと欲張った結果、文字量が多くなって持ち味が死んでる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品