科学を生きる 湯川秀樹エッセイ集 河出文庫

湯川秀樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309413723
ISBN 10 : 4309413722
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
252p;15

内容詳細

“物理学界の詩人”とうたわれ、平易な言葉で自然の姿から現代物理学の物質観までを詩情豊かに綴った湯川秀樹。「詩と科学」「思考とイメージ」など文人の素質にあふれた魅力を堪能できる28篇を収録。

【著者紹介】
湯川秀樹 : 1907‐81年。理論物理学者。京都帝国大学理学部物理学科卒業。中間子理論により日本人初のノーベル賞を受賞。京都大学基礎物理学研究所所長、京都大学・東京大学教授などを歴任

池内了 : 1944年、兵庫県生まれ。京都大学大学院理学研究科物理学専攻修了。理学博士。総合研究大学院大学名誉教授、名古屋大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬縁冊 さん

    物理の根本問題:数学や言葉だけでなく、絵をかく(15頁)。イメージが大事な物理学ということらしい。そんなのだったら高校時代、地学ではなくて物理を履修すればよかったな。プランクは真理、真実に忠実な人だった(29頁)。20代で独創発見できないというが、大器晩成でアラフォーでも可能(41頁)というのは中年にも勇気と希望を与える。学問はどの学者にとっても、人間としての存在の全体と深くかかわりあっているものだ(1971年、57頁)。1人の研究者は3,40年に1,2度成功するだけで 十分(114頁)。

  • 遅刻魔 さん

    文章には人となりが表れるように思います。 湯川さんは思慮深く、優しい人ではないかと勝手に思いました。

  • ハチ さん

    湯川秀樹博士のエッセイ、初読み。理論物理学の道を歩む綺羅星のごとき人々との触れ合いを垣間見れ贅沢な第1章。また全体を通して静謐で確かな思索が散りばめられてあり、生き方やモノの見方が静かに強く描かれてい、よい読者となった。凄まじい人物だ。

  • ひよピパパ さん

    ノーベル物理学賞受賞者、湯川秀樹のエッセー集。学問をとことん追究された方だけあって、そのエッセーも読みごたえがある。第1章は、師や学友たちとの思い出を書くが、そこから読み始めると、挫折してしまう危険がある。第2章以降から読むのがオススメ。個人的には「創造的に生きる」ことの大切さを説く一篇「自己発見」が特に好き。

  • 刳森伸一 さん

    科学に人間味がないと思うのは完全に間違いで、本書を読めば詩情すらある素晴らしい人間活動の一つであることが分かる。また、科学や人間に対する深い洞察や先見の目に溢れる文章には、驚愕するものがある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品