論語と算盤 渋沢栄一の名著を「生の言葉」で読む。

渋沢栄一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877232658
ISBN 10 : 4877232656
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
315p;18

内容詳細

紀元前5世紀に古代中国の思想家、孔子の教えを弟子たちが書き留めた思想書『論語』。その道徳や人生のモラルと経済や商売の象徴でもある『算盤』。対極にある異なる二つを結びつけた歴史的名著『論語と算盤』を原著で読む!100年読まれてきた歴史的名著から混迷の時代を生き抜く力を学ぶ。日本資本主義の父が、生涯を通じて貫いた「考え方」とはなにか。

目次 : 処世と信条―武士の心と商人の才覚で生きる/ 立志と学問―いくつになっても勉強をすれば心は老けない/ 常識と習慣―常識人として、よい習慣を身につける/ 仁義と富貴―正しくお金儲けをして正しく使う/ 理想と迷信―しっかり考えて行動すれば、過ちも少ない/ 人格と修養―すぐに答えを出さない、じっくり考える/ 算盤と権利―社会の利益になる正しい競争をする/ 実業と士道―武士道で実業をする/ 教育と情誼―はっきりと目的を持って学ぶ/ 成敗と運命―成功なんて気にするな/ 付録 「渋沢栄一」これからを生き抜く言葉50

【著者紹介】
渋沢栄一 : 1840年現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。幕末の動乱期には尊王攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。ヨーロッパ各国を視察して帰国後、大蔵省租税司、大蔵権大丞を歴任。辞職後は実業に専心し、第一国立銀行(現、みずほ銀行)の創設をはじめ、実業界の第一線から退くまで500あまりの会社の設立・経営にかかわり、日本の資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、東京高等商業学校(現、一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kebou さん

    当時の言葉で書かれていて、かなり 読みにくくはあった。徳川家康の話や管原道真についての話などは興味深かった。当時の日本や世界の状況も伝わりおもしろかった。しかしその読みにくさから、理解するには 再読が必須だと思った。

  • こにたん さん

    私にはなかなか読むのが大変でしたが、毎日少しずつ読みました。 この時代から崇高なコンプライアンス意識を持っていた渋沢栄一は凄いなあ

  • ジャンルバルクイネー さん

    素晴らしい言葉が沢山詰まっています。原文で分かりにくいところもかるが、より分かる部分もある。何回も読んでみたい。

  • Naomi さん

    素晴らしい。原語で読むと迫力が違う。ただの天才ではない、膨大な勉強量の結果のうえの功績だと思うと元気が出る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

渋沢栄一に関連するトピックス

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品