ちいちゃんとじゅうごや ちいちゃんえほん

清水道尾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784593561087
ISBN 10 : 4593561086
フォーマット
出版社
発行年月
2003年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18×19cm,1冊

内容詳細

今日は十五夜さん。お月さんにあげるため、ちいちゃんはすすきをとって、おいも掘りをする。お月見だんごを食べて、おなかいっぱいのちいちゃんは…。世代をまたいだ「ちいちゃんえほん」シリーズ。

【著者紹介】
しみずみちを作 : 1933年、岐阜県に生まれる。1968年から20年間にふたつの家庭文庫を営み、創作に取り組むかたわら、子どもたちを読書の世界へ導く“読みきかせ”の普及につとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    ちいちゃんのシリーズ。十五夜の風習を子どもらしい目線で描く。お供え物をこうして家庭で作ることの意義。自分が経験したことはいつまでも心に残る思い出になるでしょう。すすきを取って、里芋を掘って、おだんごを丸めて、とても楽しい準備の時間と、みんなでいただくおいしい時間。

  • ぬのさと@灯れ松明の火 さん

    お月見で里芋をお供えする風習って、全国的なものなのでしょうか。少なくとも、私の実家近辺では聞かないです(^_^;) 私の母も「なんで里芋?」と云っていたくらいです。こういう昔ながらの伝統行事が当たり前のように生きているのっていいですねw

  • 猪子 さん

    溢れ出る昭和可愛いパワー…おかあさんの服装、台所、調理器具。ちいちゃんのレースつきパンツ。きわめつきはころちゃんとみいちゃんのよだれかけ!反則的可愛さ!私も小さいころはちいちゃんと呼ばれていたので、子供の頃に出会いたかった絵本。名前が一緒の絵本って親近感が湧くんですよね。

  • 雨巫女 さん

    十五夜って、小さい頃は夜公園の土俵で、こども相撲大会があったり。全員参加で、一回戦敗退。

  • 二条ママ さん

    3歳11ヶ月。図書館本。図書館で見つけたちいちゃんシリーズ。娘は喜んでた。まとめて借りて来たら、この一冊は季節外れだった。幼稚園で白玉おだんごを作ってた娘は、おだんごをともたちといっしょに作って食べるシーンがお気に入りのようだ。いもほりもやりたいなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

清水道尾

1933年、岐阜市に生まれる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品