ピタリとわかる多変量解析入門 読んで役立つ・数学雑学シリーズ

涌井良幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416105047
ISBN 10 : 4416105045
フォーマット
出版社
発行年月
2005年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,207p

内容詳細

幾種類ものデータが寄せ集まった「多変量」資料から、データを有機的に結びつけて、価値ある情報を読み取る解析法を解説。とんでもない分析結果を出すことがないよう、多変量解析の考え方や原理から詳解した1冊。

【著者紹介】
涌井良幸 : 昭和25年7月13日生れ。昭和49年東京教育大学理学部数学科卒業。千葉県立千葉東高等学校数学科教諭

涌井貞美 : 昭和27年12月14日生れ。昭和53年東京大学理学部大学院修士課程修了。神奈川県立大原高等学校数学科教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • arbores さん

    回帰分析・主成分分析・因子分析・判別分析・正準相関分析・数量化理論 について、数学的背景よりも、どういうもので、どんなときに使えるかを焦点にして説明してくれている。多変量解析の入門としてかなりいいと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

涌井良幸

1950年東京生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、高等学校の教職に就く。教職退職後は、サイエンスライターとして著作活動に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品