輪違屋糸里 上 文春文庫

浅田次郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167646066
ISBN 10 : 4167646064
フォーマット
出版社
発行年月
2007年03月
日本
追加情報
:
16cm,366p

内容詳細

文久三年八月。「みぶろ」と呼ばれる壬生浪士組は、近藤勇ら試衛館派と、芹沢鴨の水戸派の対立を深めていた。土方歳三を慕う島原の芸妓・糸里は、姉のような存在である輪違屋の音羽太夫を芹沢に殺され、浪士たちの内部抗争に巻き込まれていく。「壬生義士伝」に続き、新選組の“闇”=芹沢鴨暗殺事件の謎に迫る心理サスペンス。

【著者紹介】
浅田次郎 : 1951(昭和26)年、東京生まれ。著書に「地下鉄(メトロ)に乗って」(第16回吉川英治文学新人賞)、「鉄道員(ぽっぽや)」(第117回直木賞)、「壬生義士伝」(第13回柴田錬三郎賞)、「お腹召しませ」(第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    浅田次郎さんの新選組三部作。「みぶろ」と呼ばれていた新選組の勃興期。島原の糸里、吉栄、芹沢鴨の愛人・お梅らの視点で描かれる物語。新選組と言えば司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」で描かれたイメージが強い。本作で描かれる芹沢鴨の傑物振りは新鮮。芹沢派の平山五郎も新鮮。吉栄と平山の苦しい恋。予想もしない平山の優しさ。そして土方歳三の冷徹さに驚く。芹沢、土方、糸里の三人での会食でのまさかの申し出。土方の事を想い、その申し出を受ける糸里にの哀しさ。上巻のラストでの糸里の誰も殺さない為の行動にやるせなくなる。下巻に期待大。

  • レアル さん

    この本が浅田さんの新撰組3部作の2部目だと読友さんのレビューで知り、読む事に〜♪私が知っている新撰組とはかけ離れていて、かつ新撰組の女性目線というところかしら。。京言葉が心地よい。新撰組の醜いところが多かった上巻だが、庶民の視線からすれば意外とこんなものやもしれない!

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中) さん

    新撰組は作家さんにより表情を変える。同じ作家さんでも誰をメインにするかでがらりと別の顔。芹沢鴨が不器用な漢に見えてしまう不思議。武芸者が無防備を戒めるひとつが房事。褥を共にする女性目線を入れた新撰組。糸里より平間・吉栄の独白部分に惹かれてしまう。芹沢もそうだが、土方が戦国時代に生まれたなら、美濃の蝮となることもできたろうに。さらに気になる異形の存在が斎藤一。芸妓糸里が平間の胸に抱かれ、見えもせぬ青空を見るラストは、近目の糸里が抱きすくめられメガネの玉を通して見た風景。抱きすくめた土方歳三はいない。

  • サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥 さん

    新撰組三部作。新撰組がまだその名を拝命する以前「みぶろ」と呼ばれる壬生浪士組であった頃のお話。姉とも慕う太夫音羽を芹沢に手討ちにされた京都島原の芸妓糸里。その糸里が主人公であるのだろうが、むしろ前半は、芹沢の情婦お梅や屯所である八木家の女房らの目で語られる。近藤と芹沢、相容れない二人の局長。己の持って行きようのない不満を吐き出すかのように狼藉を繰り返す芹沢だが、その裏に隠された意外な事実。なるほどこういう解釈もあるのか。芹沢に対する認識がちょっと変わった。さて、後半は。

  • あも さん

    浅田次郎が送る新選組3部作第2弾。ちょっと嘘やろ、ってぐらい頁をめくる手が進まない…。それもその筈、向き合うスタンスを間違えていた。この本は新選組の話ではない。近藤勇も土方歳三も芹沢鴨も出てくるが、これはあくまで女達の物語。福井の漁村から京の置屋に売られ、芸妓となった糸里。芹沢に手籠めにされ愛人となったお梅。芹沢の子分を愛する吉栄。新選組の面々に家屋敷を無償提供し世話をする壬生住人の奥様方。彼女らの視点から見る幕末のヒーローは、どこまでも愚かで憎らしい。土方がえげつないぐらいのクズで読んでて辛いが下巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

浅田次郎に関連するトピックス

  • 米国人青年の旅を浅田次郎が描く 日本びいきの恋人、ジェニファーから、結婚を承諾する条件として日本へのひとり旅を命じられたアメリカ人青年のラリーのスト... HMV&BOOKS online|2015年10月26日 (月) 16:35
    米国人青年の旅を浅田次郎が描く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド