台湾調味料いただきます手帖 使いこなしで、現地の味もいつものご飯も思い通り

沼口ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416619490
ISBN 10 : 4416619499
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;22

内容詳細

台湾通の著者おすすめの調味料と、それを使った現地ご飯のレシピをご紹介。

目次 : 沙茶醤/ 豆板醤/ 紅葱酥/ 蔭豆〓/ XO醤/ 芝麻醤/ 辣油/ 豆腐乳/ 台湾醤油/ 米酒〔ほか〕

【著者紹介】
沼口ゆき : ル・コルドン・ブルー東京校、リッツ・エスコフィエ・パリ料理学校等で料理と製菓を学んだ後、料理研究家の有元葉子氏に8年間師事し、独立。1996年より料理教室開始。2001年から築地に料理スタジオを構え、2009年場外市場に『波よけ通りキッチン』をオープン。2013年からオリジナル台湾ツアーを主催し、2015年秋に台北へ留学。現地で料理教室やレストランのアドバイザーとして活躍し、帰国後の現在も日本と台湾を行き来する日々が続いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まひはる さん

    蔦屋で立ち読み。台湾を訪れる人を魅了してやまない現地ご飯の数々。あの味をもう一度…と焦がれる台湾リピーターは後を絶ちません。そんな魅惑の台湾料理の陰の立役者は調味料。豆板醤や沙茶醤といった大陸や香港で愛されてきた調味料も、台湾ではちょっと違った使われ方をされていたり、 台湾醤油や甘いマヨネーズなど台湾料理に欠かせないものがあったりと、独自の進化をとげています。台湾に旅行に行くとつい買ってしまう調味料、お土産にもらうことも多い調味料。でも、使いこなせているかといえば、微妙な人も多いのでは?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品