「オーボンヴュータン」河田勝彦のフランス郷土菓子

河田勝彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416713969
ISBN 10 : 4416713967
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
350p;27

内容詳細

「オーボンヴュータン」河田勝彦氏が、パティシエとしての原点となったフランス各地の郷土菓子(138品)を紹介する、魂の集大成。

【著者紹介】
河田勝彦 : 1944年、東京都生まれ。米津風月堂を経て1967年渡仏し、約9年修業の後、「ヒルトン・ド・パリ」のシェフを務める。帰国後、埼玉県浦和市に「かわた菓子研究所」を設立し、1981年、東京都世田谷区に「オーボンヴュータン」をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • めぐみこ さん

    フランスのお菓子と聞いて想像するオシャレなものとは一味違う、伝統的で素朴だったり力強かったりする郷土菓子たちは圧巻。表紙のガトー・ピレネーは、なんと高さ2メートル近くあるという。名は体を表しすぎでは? 100を超えるレシピ、巻末の地図、フランス時代の思い出たち…70歳を超えた著者の人生の集大成のような一冊だった。

  • Junnko Simmura さん

    見たこともない美味しそうで素朴なお菓子の数々。食べたい!食べてみたい!ランチにつくようなちょっとしたスポンジケーキには全く食指が動かないのに。作りたいとは思わない。無理だから。ただただ食べてみたい!世の中にはまだまだ美味しいものがある、と思うと希望と欲がわいてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品