世界がもし100人の村だったら 3(たべもの編)

池田香代子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838715466
ISBN 10 : 4838715463
フォーマット
出版社
発行年月
2004年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,103p
20cm,103p
20cm,103p

商品説明

“この村でいちばん残飯を捨てているのは? いちばん太りすぎなのは?”
“100人のうち、米を主食にしているのは50人です……”
「100人の村」の大ブームから3年。「100人の村」は<たべもの>というもっとも身近なテーマから、ふたたび世界に問いかけます。飽食と飢餓、大量生産と食の安全問題、グローバル化とスローフード、人口増加と膨大な食料供給、そして輸入過剰で自給率の低下する日本……世界を<たべもの>からみると、わたしたちの現在はどう見えるのか? 「100人の村1」同様、山内マスミさんのフレッシュなイラスト25点付。
また本編に加えて、フォトストーリー「少女ランマヤの給食ものがたり」を併載。池田香代子と太陽賞受賞の写真家・小野庄一、WFP国連世界食糧計画の協力により、ネパールの少女の「学校給食」を、みずみずしいモノクロ写真を添えて物語化しました。
2050年、人類は90億人になります。わたしたちの<たべもの>の未来は?

内容詳細

世界には65億の人がいるが、もしもこの世界を100人の村に縮めて食べ物のあり方を見てみると…。ネパール取材から生まれたフォト・ストーリー「少女ランマヤの給食ものがたり」も収録。好評シリーズ第3弾。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ayumi さん

    世界の70%の人が鉄分が足りません、と言われるよりも、100人の村だとしたら70人は鉄分が足りませんと言われた方が印象に残る。だから100人の村にしたのか、と今さら気がつきました。今回は食糧事情よりも、ネパールの少女の話がよかったです。今の自分がいかに贅沢に暮らしているのかがよくわかります。物的にも精神的にも豊かすぎて逆に貧しい。

  • ねここ さん

    塾から借りて読了。世界の食料事情が100人の村に例えられて分かりやすく書かれている。日本は食料自給率が他の先進国よりも低いのは知っていたけれど、まさかここまでとは。そして大量に輸入したら大量の食べ残しが残るという悪循環。もし食べ残しを無くし、その分を世界中の食べ物に困っている人々に分け与えていったらどんなにいいことであろうか。けど私達はそんなことをあまり考えはしない。日本は食料も含め世界的に見てもかなり物が豊富だが、その分心の余裕は貧困状態である。

  • かず さん

    ★★★★オーディオブック。

  • Mori さん

    少女ランマヤの給食ものがたりを読んで、胸が熱くなった。食べものを粗末にしてはいけないと、どのくらいの人が本気で子どもに伝えられるのだろう。親世代が戦争を知らない世代から、戦後の貧困を知らない世代となり、道徳としての食べものの大切さを説くことこそできても、ひもじさの実体験からの言葉の重さはもう、ないのだろう。

  • コダマ@転職活動中 さん

    急に日本の話が多め。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池田香代子

1948年東京生まれ。東京都立大学人文学部を卒業後、エアランゲン大学に留学。ドイツ文学者・翻訳家・口承文芸研究者・エッセイスト。3.11後、自主避難者に情報提供する活動に参加したのをきっかけに、さまざまな角度から福島に関わる。著書、翻訳書多数

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品