ダヤン、クラヤミの国へ ダヤンの冒険物語

池田あきこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784593592388
ISBN 10 : 4593592380
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
278p;20

内容詳細

春が訪れたタシルの街では、バニラの誕生日を祝ってメイフェアの祭りが行なわれていた。そのさなか、皆の目の前でバニラが連れ去られた。ダヤンたちはバニラを救うために旅立つ…。待望のダヤンの新・長編シリーズ。

【著者紹介】
池田あきこ : 東京吉祥寺生まれ。1984年より革小物専門店「わちふぃーるど」をオープン。猫のダヤンが人気のキャラクターとなる。1988年、ダヤンを主人公にした絵本『ダヤンのおいしいゆめ』で絵本作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きき さん

    「タシルに帰る」で終わりかと思っていた読者の気持ちは勿論、ダヤンやジタン達の気持ちも救ってくれた本作。最後のシーンはダヤン達と同じ泣き笑い状態…。ジタンとキマイラ、生い立ちや状況は正反対だけど孤独と戦って生きている2人。キマイラなんて途中は自分勝手では…と苛ついたけれど、終盤になるにつれ彼の寂しさが分かってきてどうしようもない気持ちになったし、それを越えての彼の最後の判断は色んな意味で「頑張ったね」と言ってあげたい。その分バニラにはタシルで楽しく暮らして欲しいし、ジタンはもっとずっと幸せでいて欲しい。

  • 空飛び猫 さん

    戻て来た2人のこと。 バニラと守護神のこと。 会えない友達のこと。

  • しお さん

    図書館。前の長編シリーズの最後で出来ていたタイムパラドックスがなくなってなんかほっとした〜。過去のジタンが未来に来てしまったらその間に起きたはずの出来事はどうなるのかが心配だったので一安心。でも帰ってきたジタンはまだまだ生きることになるのかと思うと複雑かも。でも素直に嬉しい気持ちが強いです。

  • たっくん?号 さん

    ジタンが帰ってきた。やっぱりこの方がしっくりくるな。キマイラはいったいどうなるのか?魔王の姿ではなくなったのだから森の外に出てもいいとかいうことにはならないのか?大した魔力もないのだから解放してもいいような気がする。。。

  • こはね さん

    ダヤンの天然ぷりが良かった。そして、ジタン。帰ってこれて良かったー。まえのジタンもちゃんと戻れたね?良かったー。あとはキマイラとバニラを…どうにか。キマイラへのジタンの信頼も欲しいね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品