パタゴニア/老いぼれグリンゴ 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2

池澤夏樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309709604
ISBN 10 : 4309709605
フォーマット
出版社
発行年月
2009年06月
日本
追加情報
:
20cm,552,16p

内容詳細

不毛の大地パタゴニアに漂着した人々の見果てぬ夢を綴ったイギリス紀行文学の傑作と、ラテンアメリカ文学の巨匠が革命下のメキシコを舞台に描く愛と憎しみの物語。虚構と現実が混淆する2つの長篇を収録。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第64回)

【著者紹介】
ブルース・チャトウィン : 1940年イングランド中部に生まれる。幼年時代は親戚の家を母子で転々とする。18歳のときにロンドンへ上京し、オークション会社サザビーズで美術品鑑定に携わる。66年同社を退職後考古学を学び、遊牧民に関するエッセイを執筆。『サンデイ・タイムズ』などでも仕事をする。74年のパタゴニア行きを経て、77年『パタゴニア』を発表し、20世紀を代表する紀行文学として各紙誌で絶讃される。その後、『ウィダの総督』『ソングライン』『ウッツ男爵』など、ユニークな作品を次々に発表し、高い評価を得る。89年病没

カルロス・フエンテス : 1928年パナマ・シティに生まれる。外交官である父とともに南北アメリカ大陸各地に暮らし、幼い頃から古今東西の文学に親しむ。大学中退後、メキシコ外務省で働きながら、58年に最初の長篇『大気澄みわたる地』を発表、好評を得て各国語に翻訳される。その後『アルテミオ・クルスの死』『聖域』『われらが大地』など長篇のほか、文学評論やメキシコ論も手がける。85年に『老いぼれグリンゴ』を発表したのち、87年セルバンテス賞受賞。近年は評論『埋められた鏡』をはじめとする諸作で、メキシコ史の再構築を行っている

芹沢真理子 : 1953年大阪生まれ。神戸大学建築学科卒業

安藤哲行 : 1948年岐阜県生まれ。神戸市外国語大学修士課程修了。現在、摂南大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • James Hayashi さん

    自分が訪れたパタゴニアをもう一度思い出させてくれるかと思ったが、全く異なるもの。南極からの風吹きすさぶ、荒涼とした大地と自然をメインとした紀行文でなく、ローカルに住する人々との交流などを描いたもの。老いぼれグリンゴは初めて読む中南米文学。感想は特になし。

  • 三柴ゆよし さん

    「老いぼれグリンゴ」読了。死地を求めて、米墨の国境を越えた老作家アンブローズ・ビアスとメキシコ人の将軍、アメリカ人の女性家庭教師の三人を主な登場人物とした小説。宙に舞った銅貨をコルト44で撃ちぬいたり、政府軍の待ち伏せに単身突撃、獅子奮迅の大活躍をしたり、現地人でも火を吹く激辛トルティーヤを顔色ひとつ変えずに食べたりする70歳でぜんそく持ちのグリンゴ無双シーンは、これなんてエンタメ?って感じでスラスラ読めたのだが、フエンテスの錯綜する叙述形式と晦渋な文章はさすがに手ごわく、一筋縄ではいかない小説だった。

  • ゆき さん

    『パタゴニア』紀行文学なのですが、この本の一番の魅力は、行った先で見たものの描写よりも、そこでかつて起こった物語がどんどん膨らんでいくところだと思いました。それにしても、パタゴニアまで行ってしまう池澤氏を羨望してしまいます。テレビでも見たし!『老いぼれグリンゴ』いろんなものが詰まっていると思いました。メキシコの比較によるアメリカ合衆国の批判。そして3人の関係、さらにそこに家族の幻影が重なっていき、後半に進むにつれポリフォニックな文体によりどんどんと厚みが増していきます。濃厚なメキシコの空気を味わいました。

  • かもめ通信 さん

    チャトウィンの『パタゴニア』とフエンデスの『老いぼれグリンゴ』といういずれも ラテンアメリカを舞台にした作品を収録。2つの作品はいずれも「異邦人」を扱っているが、テーマも文体も読後感も全く異なっている。私の好みは『老いぼれグリンゴ』。男女三人を軸にそれぞれの過去と現在と未来までもが複雑に絡み合いながら展開する物語は、厳しく熱く激しく、ロマンチックでエロチックでそのくせシリアス。生と死、愛と孤独、真実と正義、なにもかもが入り乱れるこの複雑な風味こそがきっと、メキシコそのものなのだと思わせる魅力溢れる作品。

  • capybaracamera さん

    しばらく積ん読になっていたのですがふと思い立って「パタゴニア」だけ読みました。素晴らしかった。虚実入り混じりの紀行ということだけど、脈絡がないと思われたものがだんだん繋がって収束していくさまの鮮やかなこと。他の単なる紀行にはない味わいで超かっこいい。ついでにチャトウィンさん自身も超かっこいい上に社交的で頭も良くてモテモテだったと池澤氏の後書きにて。『僕の神様は歩く人の神様なんです。』これは「ソングライン」と「どうして僕はこんなところに」も読むぞ!と思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品