夢の階段 新潮文庫

池波正太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101156736
ISBN 10 : 4101156735
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
追加情報
:
16cm,368p

内容詳細

微禄の若者小森又十郎は、辛夷の花のようだと憧れていた首席家老の娘の再婚相手に指名され、夢見心地。しかし三日後、彼は周囲の猛反対を尻目に縁談を断り、武士を捨て、陶器職人となる道を選んだのだった…表題作他、処女小説「厨房にて」から、直木賞受賞第一作「踏切は知っている」、「忠臣蔵余話おみちの客」まで、“作家池波正太郎”誕生の跡をたどる、ファン必読の未刊行初期短編9編。

【著者紹介】
池波正太郎 : 1923‐1990。東京・浅草生れ。下谷・西町小学校を卒業後、茅場町の株式仲買店に勤める。戦後、東京都の職員となり、下谷区役所等に勤務。長谷川伸の門下に入り、新国劇の脚本・演出を担当。1960(昭和35)年、「錯乱」で直木賞受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」の3大シリーズをはじめとする膨大な作品群が絶大な人気を博しているなか、急性白血病で永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    面白かったです。初期短編ということで興味深く読みました。時代小説より現代もの寄りという感じです。現代小説も面白くて引き込まれました。時代小説の第一人者と言ってもいい池波先生の処女小説が現代ものというのが意外です。現代ものも良かったけれど、個人的には時代小説の方が好みかもshれません。

  • HIRO1970 さん

    ☆★☆池波さん31歳〜38歳までの初期の作品を集めたものです。池波さんには珍しい現代ものが5作と時代物が2作。若い時から素晴らしい才能が感じられ作家というのは池波さんにとって天職だったんだなと素直に思えました。初期作品には池波さんの実体験をデフォルメしたものが多く興味深く楽しめました。後年の作品ほど食事の場面はありませんが、色や匂いを感じさせるものが多く背景・情景を伝える技術は天性のものだなと感じました。

  • どきん さん

    現代小説もよかった。短編なのにぐぐっと引きこまれる。

  • むねくに さん

    素直で心が暖まる話ばかりでした。良かった良かった。

  • yukioninaite さん

    表題作は、結婚がどう生きるかの人生の岐路になることを二人の武士のその後を通じて見せた物語。自分は幸せにしてもらったな、と気づいた本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池波正太郎

大正12(1923)年、東京に生れる。昭和30年、東京都職員を退職し、作家活動に入る。新国劇の舞台で多くの戯曲を発表し、35年、第43回直木賞を「錯乱」によって受賞。52年、第11回吉川英治文学賞を「鬼平犯科帳」その他により受賞する。63年、第36回菊池寛賞受賞。作品に「剣客商売」「その男」「真田太

プロフィール詳細へ

池波正太郎に関連するトピックス

  • 甘味をテーマにしたエッセイが大集結! 芥川龍之介から池波正太郎まで、「あんこ」に関するエッセイを集めた『ずっしり、あんこ』。おはぎ、羊羹、たい焼き、草餅な... HMV&BOOKS online|2015年11月11日 (水) 12:09
    甘味をテーマにしたエッセイが大集結!

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド