吸血鬼 江戸川乱歩文庫

江戸川乱歩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784394301653
ISBN 10 : 4394301653
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
453p;16

内容詳細

初秋の塩原温泉、美貌の柳倭文子を巡り二人の男、三谷房夫と岡田道彦が毒薬を用いて決闘を行う。勝った三谷房夫は未亡人柳倭文子を手に入れ、一方で負けた岡田と思われる人物の水死体が半月後に発見される…その頃から倭文子の周囲には怪しい人物が現れるようになっていく。倭文子の六歳になる息子が何者かに誘拐され、身代金を要求する電話が入る。倭文子の恋人三谷は名探偵・明智小五郎に捜査を依頼。吸血鬼のごとき怪人の正体を、明智探偵は見破ることができるのか?

【著者紹介】
江戸川乱歩 : 1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和11年から「怪人二十面相」を少年倶楽部に連載、少年探偵シリーズは晩年まで続く。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いたろう さん

    1930年から1931年まで、新聞に連載された小説。タイトルは「吸血鬼」だが、連載前に、乱歩はどこまでヴィランのキャラクターを考えていたのか、人の血を吸うヴァンパイアの類は出てこず、出てくるのは、鼻が欠け、唇がない異形の怪物。ストーリーも、連載をしながら考えていったのではというような、ちょっと無理がある展開。まあ、そこも含めて、乱歩らしいと言えるのかもしれないけれど。本作で、明智小五郎シリーズとして特筆すべきは、小林少年の初登場、そして、「魔術師」で初登場した文代と明智が、本作の最後に結婚をするところか。

  • 散文の詞 さん

    美貌の未亡人に迫る魔の手とそれに対する明智小五郎。 唇のない怪人は明智を挑発するかのような行動に出るのだが、少しずつ事件の真相に迫っていく。 新聞連載だったからか、小刻みに山場を作ってて、かなりつじつま合わせがひどいですが、まあ、なんとなくでも、きちんと着地していたので拍手喝采です。 ちょっと意外な真犯人だったけど。 まあ、細かい内容よりも、乱歩の得意の大活劇を堪能しましょう。

  • ガトリング邪教徒(女) さん

    トラウマ土曜ワイド劇場「江戸川乱歩の美女シリーズ」でパノラマ島綺譚の次に怖かった。花氷がとにかく怖かった、あんなの子供が起きてる時間に放送すんな。それはともかく幼児を放置して男と遊びまくってる被害者も大概だろ。早くこいつ頃されないかな、とイライラ。隠れ家の食事がビスケットの上にチーズってリッツパーティーかよ。あと、代々木が田舎呼ばわりされていて新鮮。まあ当時東京市以外は化外の地だし世田谷もまだ村だった時代。でもそこより西にある井の頭公園は大正時代にもう出来てるのよね、ちょっと驚くよね。

  • し さん

    少々ちぐはぐで突飛な部分はあるが、どんどんと読み進められた。 小林少年の活躍も然ることながら、同性として文代さんの華麗な活躍には胸が躍った

  • 喜怒哀楽 さん

    人間椅子だ〜!!!!って興奮した

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江戸川乱歩

1894年三重県生まれ。早稲田大学卒業。雑誌の編集、新聞記者などを経て、1923年「二銭銅貨」でデビュー。以降、探偵小説を次々と発表。怪奇小説、幻想小説にも優れた作品が多い。代表的なシリーズに、「怪人二十面相」「少年探偵団」など。1965年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品