化人幻戯 江戸川乱歩文庫

江戸川乱歩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784394301578
ISBN 10 : 4394301572
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
追加情報
:
301p;16

内容詳細

実業家・大河原義明の秘書となった庄司武彦は、大河原の美貌の夫人・由美子にひかれていた。熱海の別荘で、大河原夫妻と庄司が逗留していたある日、双眼鏡を覗いていた夫妻が、切り立った断崖から人が転落するのを目撃する。それは別荘に来ていた、大河原家に出入りする姫田吾郎と村越均の二人の青年の一人、姫田だった。はたして殺されたのであろうか。警察はもう一人の青年村越を容疑者として目をつけるが…。

【著者紹介】
江戸川乱歩 : 1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学び、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和4年の「蜘蛛男」より娯楽雑誌に長編を連載、「魔術師」「黄金仮面」「黒蜥蜴」など。昭和11年から「怪人二十面相」を少年倶楽部に連載、少年探偵シリーズは晩年まで続く。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
江戸川乱歩の探偵小説作家としての「ロウソ...

投稿日:2021/06/12 (土)

江戸川乱歩の探偵小説作家としての「ロウソクの最期の灯」!個人的には本格長編ものを目指した感の本編より、大正期谷崎の系譜につらなる「個人の秘密」を主眼とする発端から始まる「影男」の方が好き!

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蓮子 さん

    久々に読む乱歩、楽しませていただきました。トリックなんかには派手さはないけれど、犯人の殺人動機が乱歩らしくてニヤリとしてしまう。作中に乱歩が登場するのも面白い。

  • あきちゃん さん

    決して古くないところがさすが!!!こわいわ〜カマキリ婦人(笑)。男たちがたわいもなさ過ぎて・・(´・ω・`)。

  • ひった さん

    またまた可愛い御婦人が登場する、楽しい読み物でした。

  • シルク さん

    動機が凄い。通常の犯罪者の枠から飛び出た犯人。その行動心理を推理する明智もまた凄い。

  • 栄吉 さん

    ★★★★★ 良い作品は色褪せない。読ませて頂きました。由美子夫人のバイタリティに感服です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江戸川乱歩

1894(明治27年)〜1965(昭和40年)、小説家。1923年、『新青年』に掲載された「二銭銅貨」でデビュー。初期作品は日本人による創作の探偵小説の礎を築いた。幻想怪奇小説も人気を博す。1936年、少年向け推理小説シリーズの第1話「怪人二十面相」を雑誌『少年倶楽部』に連載。太平洋戦争により一時執

プロフィール詳細へ

江戸川乱歩に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品