彼女たちの場合は

江國香織

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087711837
ISBN 10 : 4087711838
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
472p;20

内容詳細

「これは家出ではないので心配しないでね」
14歳と17歳。ニューヨークの郊外に住むいとこ同士の礼那と逸佳は、ある秋の日、二人きりで“アメリカを見る”旅に出た。日本の高校を自主退学した逸佳は“ノー(いやだ)”ばかりの人生で、“見る”ことだけが唯一“イエス”だったから。
ボストン、メインビーチズ、マンチェスター、クリーヴランド……長距離バスやアムトラックを乗り継ぎ、二人の旅は続いてゆく――。
美しい風景と愛すべき人々、そして「あの日の自分」に出逢える、江國香織二年ぶりの長編小説。


【著者略歴】
江國香織(えくに・かおり)
1964年東京都生まれ。
2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞
04年『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞
07年『がらくた』で第14回島清恋愛文学賞
10年『真昼なのに昏い部屋』で第5回中央公論文芸賞
12年「犬とハモニカ」で第38回川端康成文学賞
15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で第51回谷崎潤一郎賞を受賞。
著書に『きらきらひかる』『左岸』『抱擁、あるいはライスには塩を』
『はだかんぼうたち』『なかなか暮れない夏の夕暮れ』ほか多数。
小説のほか童話、詩、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している。

【著者紹介】
江国香織 : 1964年東京都生まれ。2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第一五回山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で第一三〇回直木賞、07年『がらくた』で第一四回島清恋愛文学賞、10年『真昼なのに昏い部屋』で第五回中央公論文芸賞、12年「犬とハモニカ」で第三八回川端康成文学賞、15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で第五一回谷崎潤一郎賞を受賞。小説のほか童話、詩、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のぶ さん

    久々に読む江國さんの長編は、どっしりとボリュームがあり、十分に堪能する事ができた。物語は17歳の逸佳と14歳の礼那が、ニューヨークから西を目指して旅をする話。「家出ではないので心配しないで」と言って出たものの、舞台がアメリカなので何となく心配な感情を抱く。ロードノベルは多くあるが、その辺りが新鮮に感じた。渡る世間に鬼はなし、とても楽しんでいるようで良かった。描かれる情景が映像的で、アメリカ映画を観ているように話が進んだ。自分は何故か「テルマ&ルイーズ」を思い抱きながら読み進んだ。好きな小説だった。

  • rin さん

    ★★★★★…最後の一行を読み終えて本を閉じる時、思わず「おかえり」と呟いた。彼女たちの旅に一緒にくっついて行ったような、そんな充足感と心地よい疲労感を伴う読書だった。ふとした瞬間に二人が目にした青い空や異国の街の雑踏、料理の匂い、出会っては別れる人々が纏っている空気なんかが行間から立ち上って、一瞬自分がどこにいるのか分からなくなる。「たとえばこの朝がどんなにすばらしいかってことはさ、いまここにいない誰かにあとから話しても、絶対わかってもらえないと思わない?」2年ぶりの長編はなんとも瑞々しい物語だった。

  • かずや さん

    「自分探し」なんて目的を作らなくても、旅は自分を見つめ直す機会をくれるし、新しい発見をくれる。いますぐどこかへ出掛けたい気分!彼女たちが本当に羨ましい!

  • takaichiro さん

    十代の二人の少女とアメリカを旅してきました。ある日従姉妹の二人が家出をするところから物語は始まります。家を出てからヒッチハイクによる移動、ホテルを転々と泊まり歩き、たまに怖い目に遭いながらも、親切な良きアメリカ人に助けられながら、旅を続ける二人。キャッシュカードが使えなくなればバイトして、そこで出会う優しい大人たちにも助けられ、二人の世界少しずつ広がります。アメリカの田舎のにおいがほのかに香る作品。良書です。

  • ネルシュン さん

    江國香織は新刊が出ればかならず読む作家です。今回は女の子二人の冒険譚でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

江國香織に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品