本を読むということ 自分が変わる読書術 河出文庫

永江朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309414218
ISBN 10 : 4309414214
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
178p;15

内容詳細

ひとりで考えようとするとき、味方になってくれるのが本だ―。本は探さなくていい、バラバラにしていい、内容を忘れていい、「ながら読書」でいい…本の世界を知り尽くした著者ならではの、丁寧かつ明快な本とのつきあいかた入門。

目次 : 第1章 変わるために本を読む/ 第2章 本のなにがいいのか/ 第3章 本が君を見つける/ 第4章 本を手なずける/ 第5章 本を読むにはコツがある/ 第6章 本だけが世界じゃない

【著者紹介】
永江朗 : 1958年、北海道生まれ。フリーライター。「哲学からアダルトビデオまで」幅広い分野で執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蓮子 さん

    本は鏡のようなものだ。本があることで自分がわかるーー本書はジュニア向けに書かれた本なので、とても丁寧で読みやすかったです。勿論、年齢には拘らず、本が好きな人も、そうでない人にも向けられた内容です。読んでいて著者の読書愛、書籍愛がひしひしと伝わってきました。本を解体してしまうのは驚きましたが、でも本がどのように出来ているのか詳しく知ることが出来て面白かったです。とは言え、私は実践しようとは思いませんが。「本を読まない人を馬鹿にしてはいけない」「本を読むより大切なことがある」は忘れないようにしたいところです。

  • チアモン さん

    タイトルに興味を持ち読んでみた。うーん。本を解体してみるという突拍子のないところも書いてあり、もったいないと思ってしまった。でも、「本は読めば読むほど新しい疑問が生まれる」には納得。

  • 緋莢 さん

    ひとりで考える時間、感じる時間、なにもしない時間。ひとりになる時間が人間には必要だ。だが、ひとりでいるのは難しいし、考えるのはもっと難しい。そんなとき、味方になってくれるのが本だ。面白い本に出会うにはどうすればいいか、内容を忘れてもいい、何かしながらでもいいという読書法法など、本の世界を知り尽くした著者による本とのつきあいかた入門。

  • なお さん

    本を解体してみたり、図ってみたりとこんな本の扱い方があるんだ、と目から鱗でした。

  • チアモン さん

    タイトルに興味を持ち読んでみた。うーん。本を解体してみると突拍子のないことも書いてあり勿体ないと思ってしまった。でも、本は「読めば読むほど新しい疑問は生まれる」には納得。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

永江朗

1958年北海道生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系の洋書店、アール・ヴィヴァンに約7年間勤務した篤、『宝島』などの編集を経てフリーライターに。「哲学からアダルトビデオまで」幅広いジャンルで活躍する。とりわけ書店流通には造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品