彼女と彼女の猫

永川成基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862551825
ISBN 10 : 4862551823
フォーマット
出版社
発行年月
2013年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
新海誠 ,  
追加情報
:
221p;19

内容詳細

新海誠の幻のデビュー作が小説となって息を吹き返す!
アニメとは異なる視点で描いたもうひとつの『彼女と彼女の猫』。
都会で一人暮らしをする女性が、ある日偶然猫を拾った。
自分の感情を言葉にするのが苦手な彼女と、彼女の不器用さをそばで見守る猫。
友人との言葉の掛け違いを境に、彼女の日常から笑顔がなくなっていく。
拾われた猫たちを軸に描かれる、四つの連作短編。

「彼女はいつでも誰よりも優しくて、誰よりもきれいで、誰よりも懸命に生きている」(本文より)

《目次》
第1話 ことばの海
第2話 はじまりの花
第3話 まどろみと空
第4話 せかいの体温

【著者紹介】
原作:新海誠
1973年長野県生まれ。アニメーション監督。ゲーム会社に勤める傍ら、自主制作アニメーション『彼女との彼女の猫』などを製作。02年に発表した『ほしのこえ』で、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめとする数々の賞を受賞する。04年公開の『雲のむこう、約束の場所』で第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。07年公開の『秒速5センチメートル』、11年公開の『星を追う子ども』でも多くの賞を受賞し、次世代の監督として、国内外の高い評価と支持を得る。最新作は13年5月公開の『言の葉の庭』。

著者:永川成基
1974年愛知県生まれ。作家。脚本家。ゲームシナリオライター。 小説から、アニメーション脚本、テレビゲームのシナリオまで、媒体とジャンル を問わず、幅広い分野の作品を手がける。代表作は『超速変形ジャイロゼッ ター』『プリンス・オブ・ストライド』『Scared Rider Xechs』

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    ある雨の日に子猫の白猫チョビと美優が出会い、生き方の不器用な人たちが、猫つながりで幸せになっていく物語。猫が人の言葉を理解しているところ、人は猫の言葉を理解していないところがリアル!なのかもと思いつつ楽しく読了。美優から麗奈とミミ、ミミの子のクッキーと葵。チョビと犬のジョン、ジョンの親友猫のクロ、ジョンの飼い主の志乃さんとクロ、志乃さんの甥亮太と美優と巡り会いが続きます。この人たちが良い人ばかりで、猫に好かれていて癒されました。 チョビとクロの優しい願い事をジョンが叶えてくれたようで、主人公はジョンかな。

  • バニラ @ さん

    猫の目線から人間を描写している物語です。新海さんは感性が優しい人なのだろう〜子供から借りて読んでみました。猫が飼いたくなった・・

  • ピロ麻呂 さん

    猫の目線とその飼い主目線で交互に展開していく、ほのぼのとしたストーリー☆猫と猫、人と人とがつながりから友達になったり、恋人になったりの連作短編♪僕は犬も猫も飼っていないけど、ずっと一緒にいるとお互いに意思疎通できちゃうのかも(^^)

  • 秋製  さん

    読友さんの感想より。大半が猫の視点で進むお話。猫好きなら読んで損はないとお薦められたが、私もそうだと思った。 温かくて、少し切なくなってしまう所もあったけどいいお話でした。

  • Gummo さん

    猫とその飼い主の女性たちを描いた4編の連作短編集。猫と飼い主それぞれの視点で物語は進んでいく。アニメーション監督・新海誠のデビュー作をノベライズ化したもの。表紙はもちろん新海監督書下ろし(へそ天で飼い主に甘える白猫の姿に思わず目尻が下がる)。それぞれに問題を抱える「彼女」たちに寄り添う心優しき「彼女の猫」たち。人を励まし、そして人と人とを結び付けていく。老犬ジョンが語る言葉が哲学的で味わい深かった。★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

永川成基

作家。脚本家。ゲームシナリオライター。ストーリーライダーズ所属。小説から、アニメーション脚本、テレビゲームのシナリオまで、媒体とジャンルを問わず、幅広い分野の作品を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品