ゲゲゲの鬼太郎 7 死神大戦記他 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775457
ISBN 10 : 4063775453
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
573p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    巻頭に収録された「その後のゲゲゲの鬼太郎」は、なんと鬼太郎が日本を離れ、南方へと旅立つのだ。人気漫画の後日譚を描くという企画で描かれた一編らしいのだが、鬼太郎のその後として、南方へ向かわせるのだから、水木の南方に対する想いの強さが窺えるというものだ。最後に鬼太郎は、島の娘と結ばれる。これはある意味、水木の理想を鬼太郎に重ねたように読める。表題作は、壮大な世界観の鬼太郎長編。

  • shinshin2638 さん

    「その後のゲゲゲの鬼太郎」と「死神大戦記」を収録。「死神大戦記」は小学生の時にサンワイドコミックス版で読んでいた。12人の子どもたちが地獄に行って水木しげるとともにサタンをはじめとする悪魔たちと戦うという話だが、その子供たちの2/3が死亡して、シャバに戻れたのが水木と3人だけというスゴイ話。その割にはサタンも悪魔も結構あっけなくやられている。鬼太郎ファミリーも登場して例によってねずみ男は裏切るのだが、話全体としてはあまり秀作とは言えない。

  • 大臣ぐサン さん

    1970年『月刊別冊少年マガジン』に掲載された『その後のゲゲゲの鬼太郎』と1974年『学研劇画文庫―日本の妖魔』シリーズの一つとして発表された『死神大戦記』の2作品を収録。前者はセックスを取り上げたり、革命の指導者になったりと、かなり青年誌寄りの内容。鬼太郎がニューギニアの酋長になって暮らすという衝撃のラストから、大先生の南方狂いが伺える。後者は太陽を失った世界を救うため、サタンを倒し大日如来を救い出すという字面で読むと何だかよくわからない荒唐無稽な話。後の大先生幸福論の一面も垣間見られる。

  • ○○○ ○○ さん

    間違いなく水木作品の中でも最低レベルの駄作なのに結構楽しく読んでしまった。遊び感覚で地獄に行ってそのまま死んでいくフットワークの軽さ、とにかくやる気のない悪魔の死に様……。宮田雪が協力してる作品に共通だけど設定を作りこむという形でディテールを見せる感じがあんまり水木と合ってるような気がしないというか、水木と宮田でオカルティックなものの捉え方が根本的に違うような気がする。宮田の場合は宗教的な知識を踏まえた上でシステマティックに異界を構築しようという意志が強いのに対して水木はもっと無指向的な感じとでも言うか

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品