「ガロ」版鬼太郎夜話 下 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775105
ISBN 10 : 4063775100
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
321p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    とにかく奔放な『鬼太郎夜話』。鬼太郎の地獄行にしばらくのページが費やされるのだが、この鬼太郎、実はニセモノなのだ。そして、ニセ鬼太郎曰く、「昼寝しようがなにしようが誰も文句を言わない(略)たのしいね 学校に行かなくてもいいし 宿題もない だが 空腹にはたえられない」と、アニメ版『鬼太郎』の主題歌を皮肉る始末。いやあ、奔放。でも、この奔放さ、まさしく水木しげるの生き方そのまんまではないか。大いに納得の『鬼太郎夜話』なのであった。 

  • shinshin2638 さん

    アニメ版から入った身としては「鬼太郎夜話」の喫煙している鬼太郎は斬新だった(笑)

  • 大臣ぐサン さん

    貸本版『鬼太郎夜話』を下敷きにリライトされたガロ版『鬼太郎夜話』。少年向けの『ゲゲゲの鬼太郎』のように勧善懲悪ではなく、鬼太郎もヒーローっぽくない。貸本版『墓場鬼太郎』につらなる正統なる鬼太郎作品だ。話は荒唐無稽。特にガマ令嬢のインパクトがすさまじい。口にチャックがついている女を「人間です」と言い切る大先生がすがすがしい。

  • KaNa さん

    尻からセリフをしゃべる大先生、「ガマ令嬢は人間です」発言、黒い闇の中モノノケがダンス@深大寺など、みどころもりだくさん。そんな中でも、東条英機「なに、(今は)大きなチョコレートを誰でも買えるようになった」にはしんみりしました。その日の生きる糧すら手に入らない時代と、飽食の時代。その間の高度成長期には、いろいろな人の思いがむき出しでぶつかり合っていたのだろうなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド