「ガロ」版鬼太郎夜話 上 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775099
ISBN 10 : 4063775097
フォーマット
出版社
発行年月
2013年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
365p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    貸本版のリライトであるガロ版『鬼太郎夜話』。「ガロ」掲載ということで、タッチは劇画風であるし、話の展開はカチっとしている。とはいえ、三島由紀夫をモデルとした三島由美夫が出てきたり、タバコをスパスパと吸うニセ鬼太郎が出てきたり、いつもながらの水木しげるのノリも健在で、楽しい。にしても、のちに改変されたKC版、SCM版の、改変されたページもちゃんと収録するこの全集は、まさしく全時代の漫画作品完全収録という謳い文句に、まったく偽りなしだ。

  • shinshin2638 さん

    ガロ版の『鬼太郎夜話』はマガジンコミックスに掲載されたので初めて読んだ。鬼太郎夜話は掲載媒体によって細かな書き直しが行われていて、今回初めてガロで掲載されたのが出版されたという。貸本版の鬼太郎は「正義の味方」ではない。小1なのにタバコは吸うし、女の子にも弱い。

  • 大臣ぐサン さん

    貸本版鬼太郎夜話のリライト。『鬼太郎の誕生』はいつ見ても主人公の誕生シーンとは思えない。牛鬼がなぜかおどろおどろ。

  • まぐりふ さん

    「墓場鬼太郎」のリメイクだが、絵柄がかなり洗練されていて、個人的にはこっちのほうが好み。それにしても、なんでねずみ男はヒゲが生えてたり、生えてなかったりするんだろう。描かれた時代によって違いがあるのならわかるけど、一つのシリーズ内で、ヒゲがあったりなかったりするのがよく分からない。

  • ちーすけ さん

    なんだかんだ鬼太郎は読んじゃうね。煙草すってる鬼太郎てのもなかなかいいね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド