ブームをつくる 人がみずから動く仕組み 集英社新書

殿村美樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208191
ISBN 10 : 4087208192
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p;18

内容詳細

うどん県やひこにゃんなどのPRを多数手がけ成功に導いてきたPRプロデューサーが、予算も実績もないブランドや商品を、いかにして社会的な「ブーム」や「文化」に導いていくかというプロセスを解説。

【著者紹介】
殿村美樹 : PRプロデューサー。株式会社TMオフィス代表取締役。同志社大学大学院ビジネス研究科「地域ブランド戦略」教員。関西大学社会学部「広報論」講師。「うどん県」や「ひこにゃん」など、これまでに地方PRを二五〇〇件以上手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おいしゃん さん

    「ひこにゃん」「今年の漢字」「佐世保バーガー」「うどん県」などをヒットに導いた仕掛人の書。さらっと読めるが良書。広報や企画を担当する人にも、ぜひおススメしたい。

  • 佐島楓@執筆中 さん

    「うどん県」や「ひこにゃん」を手掛けたPRプロデューサーの著書。ブームにとどまらない、永続的な文化に発展するPRをしていきたいという理念に共感できた。情報が大量に流入し、忘れ去られていく社会になったからこそ、個人に情報を届けることを大切にしていきたい・・・ごもっとも。

  • 犬こ さん

    筆者は、うどん県、ひこにゃん、佐世保バーガーなどのPRを手掛けました。PRと広告は違う。PRの方が仕掛けていくものだの言葉にハッと気づかされました。地方PRは、都会側から見たを地場産業としてアピールしがちですが、そうではないと。気付きがいろいろありました。

  • tolucky1962 さん

    PRのプロによる指南書。仕事一般に適用できそうな内容。個人をコアとした営業展開、事実の基づいた情報提供、チーム内の人間関係の把握、相手をリスペクトし受け入れながら提案を通すなど。

  • しゅわ さん

    ターゲットの設定、PRで陥りやすい失敗、そもそもPRとは何かなど、わかりやすい言葉で書かれていました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品