日本の気配 ちくま文庫

武田砂鉄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480437594
ISBN 10 : 4480437592
フォーマット
出版社
発行年月
2021年09月
日本
追加情報
:
352p;15

内容詳細

「個人が物申せば社会の輪郭はボヤけない」。最新の出来事にも、解決されていない事件にも粘り強く憤る。東京五輪に開催後でも反対する。日常に潜むヘイトの萌芽、監視社会、政治家の空虚な言葉、コミュニケーションを「能力」で問うこと、等々への違和感を引きずり、問い続ける。「空気」が支配する国から、「気配」で自爆する国へ。その後の展開を大幅に増補した。

目次 : 第1章 空気と気配(ヘイトの萌芽/ 「われわれ」とは誰なのですか ほか)/ 第2章 隷従する私たち(予測された混迷―ただ解体が進んだ国立競技場/ 地方創生と原発広告 ほか)/ 第3章 愚者と巧者(「誤解」と言わせないための稲田朋美入門/ 小池百合子のテレビ活用法 ほか)/ 第4章 政治の気配(胸に刻み続ける“官設”話法/ 「他よりマシ」と付き合う ほか)/ 第5章 強いられるコミュニケーション(駅長の言葉に歯向かう/ 訃報をこなす感じ ほか)

【著者紹介】
武田砂鉄 : 1982年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年からフリーライターに。著書に『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、新潮文庫、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)などがある。新聞への寄稿や、幅広いメディアでの連載を多数執筆するほか、ラジオ番組のパーソナリティとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yhirose254 さん

    爺さまには難しい所もあるが言いたいことを言ってくれている、のだけれど読んでいるうちに苦しくなってくる。『「気配」を「勘繰」って「自粛」「させていただ」いたりする、この奇妙な動きを、やめなくてはいけない。奇妙な動きはずっと続いている。ここがマックスだ、ここが底だと思っても、まだまだ底があるような続き方をしている。この「気持ち悪さ」と、とりあえずは向き合う必要がある。「ムカつくものにムカつくと言う」ことを決意した著者の感じ取る「気持ち悪さ」と「ムカつき」から、目を逸らすことができずにいる。(p340:解説)』

  • Satoshi さん

    著者が空気でなく、気配と評したここ日本の世相。政治家も空虚な言葉を発して、弱者の声を封殺する。コミュニケーション能力という誰も正解に計れない物差しで評価され、どうせやるならという何の根拠もない理由で政府の方針に賛同する。無理矢理やったオリンピックだったが、スポーツを楽しむだけで何かレガシーを残したのか。誰が総括するのか、盛り上がればそれでOKなのか。

  • sagaway8 さん

    日本の現状は民主主義について改めて問い直さなければいけない時を迎えていることは確かだと思う。一部の政治家が自らの力を過信して思うままに権力を濫用して非を認めず誤魔化すような政権に対して貴重な一票を投じて拒否する意思を示したい。日本という私たちの国がどこに向かおうとしているのか知る上で、役立つ一冊。偏った見方ではない、ひたすら事実が列挙されていることは読めば理解いただけると思う。

  • うさぎや さん

    「空気」以前に「気配」から読まれ操られているのだなということを実感させられる。数年前の本のはずなのに、その状況が今と全く変わっていない(むしろ悪化している)のはいったいどういうことなのか。

  • 梨 さん

    ☆☆☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

武田砂鉄

1982年生まれ。東京都出身。出版社勤務を経て、2014年からフリーライターに。著書に『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、2015年第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞、2019年に新潮社より文庫化)などがある。幅広いメディアで多数の連載を持ち執筆するほか、ラジオパーソ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品