作曲家・武満徹との日々を語る

武満浅香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093876131
ISBN 10 : 4093876134
フォーマット
出版社
発行年月
2006年03月
日本
追加情報
:
22cm,301p

内容詳細

武満徹夫人・武満浅香さんにインタビュー。この稀有の作曲家の創造の秘密に迫り、日常生活、知られざるエピソードが語られる。それは同時に戦後の芸術、文化運動の貴重な証言でもある。図版、資料、写真、年譜入り。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
武満徹ファミリーにふりかかる苦労を希望を...

投稿日:2018/02/09 (金)

武満徹ファミリーにふりかかる苦労を希望を失わずに凌いでいったご一家のエピソードがとても明るい言葉で語られており、心なごみます。珍しい写真も多く掲載されていて、貴重な本です。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • にゃんたろ さん

    武満最期の音楽が、一番愛した「マタイ」だったというくだりは感動的でした。大好きな曲をたった一人で心ゆくまで味わって旅立つという、音楽家としては最高の、臨終までの時間だったと思います。

  • i-miya さん

    実験工房 黛敏郎、ピアノを贈る 『災』ミュージックコンクレート 井上靖脚本 秋山邦晴 早坂文雄 ストラヴィンスキー来日 1959 こんな小さな男がこんな厳しい曲を 岩城宏之 ≪管弦のためのレクイエム≫ 早坂追悼 瀧口修造 間宮芳生 『火垂るの墓』(1988)作曲家 第2章 映画好き (写真)指笛(谷川俊太郎撮影) 安田火災社内結婚 清瀬保二 羽仁進 篠田正浩 勅使河原宏 鶴田錦史(薩摩琵琶) 辻邦生の父、琵琶奏者 辻靖剛 レナード・バーンスタイン 草月会館 ジョン・ケージ 1964年 プリペアド・ピアノ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品