会社員でぶどり

橋本ナオキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863112186
ISBN 10 : 4863112181
フォーマット
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
122p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えちぜんや よーた さん

    世間は令和改元でお祝いムード一色だ。にも関わらず自分だけがみじめに思えて心がスッキリしない若手ビジネスパーソンに捧げたい一冊。そういえば昭和や平成のころには「五月病」という言葉があったなぁ。そんな感じの人が読む本。"「ゴールデンウィークが終わる」はゴールデンウィークがあったやつにしか言えないということを"(P27より引用)。

  • 馨 さん

    新人の『ひよ』がしっかり者すぎて理にかなっていて尊敬に値しました。あんなふうに上司や先輩に対しモノが言えるようになりたいな。ブラック企業ではないけれど仕事量が明らかにおかしい会社に勤めているので、でぶとりの気持ちがよくわかりました。私も今の会社ではニワトリになれているのか、まだひよこなのか・・・

  • ひなた さん

    ブラック企業で働く鳥たちのマンガ。嫌だ嫌だと言いながらも、仕事を辞める、環境を変える方が怖い気持ちが分よく分かる。自分を過小評価しないで、もっともっとはばたいてほしいわ〜と応援したくなりました。

  • youxian♬*゜ さん

    2巻があるのを検索で知った。どっかで聞いたことがある会話なだけに自分だけがしんどいんじゃないんだなと。できるかできないかではなく、やるかやらないか!だなんて万年ダイエットしてる自分に言い聞かせたい…手書きの履歴書樹ないとダメな企業をこちらがふるいにかける!なんて流石ひよさん。考え方が素敵。

  • ポン さん

    著者は、まだお若く、IT企業に努められていた期間も短いのに、『とり』たちの会話、キャラクターにはうなずかされるものばかりでした。仕事とのかかわり方を考えさせられました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品