彼らの犯罪

樹村みのり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022140180
ISBN 10 : 4022140186
フォーマット
発行年月
2009年03月
日本
追加情報
:
19cm,206p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 河島英五さんが最後まで、あつく青く、気...

投稿日:2009/09/29 (火)

 河島英五さんが最後まで、あつく青く、気恥ずかしいまでに一途にいられた姿と、樹村みのりさんの、相変わらず誠実で、精確で、ぶれない作品を書き続ける姿勢と、重なるものがあるように思います。男性として突きつけられる命題にたじろぐ点も有りますが、いつまでも樹村さんが作品を書き続けていく限り、追いかけていこうと思っています。  このような作品が、より多く読まれる事を願っています。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そらねこ さん

    ブックパス読み放題。ドキュメンタリー。女子高生のコンクリート詰め殺人事件、ヤマギシ会による洗脳など、世間を騒がせた胸の痛む事件が題材。楽しく読める漫画ではありませんが、私はこうした事件を扱ったノンフィクションは読む方なので興味深かったです。世の中何が不思議って、人の心ほど不可解なものはありません。どうしてそうなってしまうのか…。改めて事件を思い起こし、胸が痛くなりました(;_;) あと樹村みのりさんは24年組。大好きな作家さん。

  • 加藤久和 さん

    樹村みのりさんのことはまったく知らず初めて読んでみたのですが、これは良い作品集ですね。優しいタッチの絵柄ではあるのですが、女子高生集団リンチ殺人、家庭内暴力に疲れ果てたあげくの子殺し、カルトコンミューンでの洗脳の実態など、ハードな題材を観察者の冷静な視点で描いているところが素晴らしい。約30年前の作品ながら現在大きく世界的な流れになっている性的マイノリティの問題について触れた作品もあり、むしろ今読まれるべき本と言えるのではないでしょうか。

  • YukoNexus6 さん

    心をえぐる事象を、和やかな絵柄で綴っていく、その凄さ。もちろん「興味本意」で読み始めるのだけど(凄惨な犯罪、DVの果ての子殺し、洗脳体験など)、誌面の中の人々を、私は笑えるのかな??? とにかく凄い漫画。

  • kujira さん

    啓蒙コミックという感じで、正直エンタメとしてはいまいち。

  • こだま さん

    女子高生コンクリ殺人の裁判傍聴記録と、カルト集団からの脱出を果たした女性の手記など、もりだくさんの短編集。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品