人形佐七捕物帳傑作選 角川文庫

横溝正史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041024836
ISBN 10 : 4041024838
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
360p;15

内容詳細

腕利きの岡っ引き・伝次の息子である佐七は、父の死後、腰の据わらない日々を過ごしていた。だが、江戸三小町とまで騒がれた美女・お蝶が怪死し、その犯人捜しをしてからというもの、持ち前の度胸と明晰な推理で難事件を次々に解決していく―。秀麗で女たらしの佐七が初めて登場した「羽子板娘」から、「梅若水揚帳」まで、すべての作品の中から選りすぐって収録。情緒と謎に彩られた江戸の町を舞台に、佐七の推理が冴え渡る。

【著者紹介】
横溝正史 : 1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説雑誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)、『獄門島』、『悪魔の手毬唄』などの名作を次々と発表。81年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HANA さん

    全百八十篇の中から七編セレクト。このシリーズに初めて触れる人のためか、最初の事件と最後の事件及び仲間たち初登場の話が収録されている。内容的には流石に横溝御大といった所で、最初の話は某有名ミステリを最後の事件は著者の『悪魔の百唇譜』を連想させられる。他の捕物帳と比べて衆人環視内の殺人や雪達磨の中の死体等、やはりミステリ作家独特の内容も光る。流石に円熟期の現代ミステリのトリックや筋立てには及ばないものの、「季の文学」とミステリが融合しているのも流石。やはりこういうのに触れると全ての作品が読みたくなるなあ。

  • kuri8655 さん

    要潤/矢田亜希子のドラマを観ながら読んだ。昭和13年から40年にかけての180篇に及ぶ連作だったなんて驚き。その中から主要登場人物の紹介を兼ねた7篇が選ばれていて、最初に読むには最適だった。金田一シリーズなどと比べると一見あっさり・ほっこりしているが、殺しはかなり凄惨で、人間の黒い部分が抉り出される感じがする。登場人物の思考は現代的で、謎解きも本格的である。けれども、江戸弁のテンポのいい会話と、そこへ絡む手下・豆六の上方言葉に、他の時代物にはない軽味があって、読後感が重くない。引き続き読んでいきたい。

  • Kouro-hou さん

    五大捕物帳の一つ、「人形佐七」シリーズ短編集。人形佐七は春陽堂文庫全14巻も角川の横溝自薦集3冊も版切れで読むのが難しい状態のため、文庫新刊は有り難いことです。収録がレギュラーキャラの初登場話中心の7話セレクトのためドラマの基礎部分が堪能でき、またトリックと話のキレで選抜された自薦集24話とダブリが2つしかないのも自薦集持ちには嬉しいかも? 惜しむらくは最終話があまり良い話ではない(最終回では無く、風俗色の強い休筆期の作品)ので、興味をもたれた方は電子版の自薦集を、というか自薦集も再販しようよ、角川さん。

  • 中原れい さん

    さすがは正史、面白い。語り口が江戸っ子というわけにはいかず、ややくどい言い回しもあるけれど、江戸のころの地理・風俗や人物の様子まで、下調べの行き届いた舞台を駆け回る佐七たちの活躍に心躍る。わたしもテレビは林与一派だなあ、話は怪談仕立てばっかりだけど。ミステリーとしてしっかりしてる近年のは決め台詞が鬱陶しいから。

  • nekokokochi さん

    横溝さんの書いた捕物帳。この存在を知らなかったのだが百八十編もあり、ここに載せられたのはほんの七編。さすが語彙が豊富なので、リズムといい口調といい新鮮ですばらしい。そして金田一ものには見られないひょうきんさがあり、横溝さんの茶目っ気を十分に楽しめる。横溝作品でまさか笑わされるとは。他の作品もぜひ出版してほしい。傑作選その二を期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

横溝正史

1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説雑誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)などの名作を次々と発表。76年、映画「犬神家の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品