バッハ学者は旅をする 私の音楽草枕

樋口隆一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865592436
ISBN 10 : 4865592431
フォーマット
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
樋口驤 ,  
追加情報
:
250p;19

内容詳細

目次 : はじめに / 序章 私の音楽学入門 / 1.マタイの季節 / 2.フランスのバッハ / 3.パシフィック231 / 4.ザルツブルクの風 / 5.ノルウェーの海 / 6.ブルックナーの風景 / 7.スイスのワーグナー / 8.八ヶ岳山麓音楽紀行 / 9.わが懐かしのライプツィヒ / 10.ベルリン 壁の幻想 / 11.シェーンベルクのウィーン / 12.ウィーン学友協会 / 13.東京から世界へ / 14.ハバナの海と空 / 15.夕映えのテッサロニキ / 16.灼熱のローマ / 17.キエフの大門 / 18.ベートーヴェンの故郷ボン / 19.知られざるバイロイト / 20.バッハ研究とテュービンゲン大学 / 21.ブルックナーの聖地ザンクト・フローリアン / 22.蔵王のふもとでミサ曲を歌う / 23.バッハの故郷アイゼナハ / 24.オーラ河畔のオールドルフ / 25.塩の街リューネブルクとバッハ / 26.アルンシュタットと若きバッハ / 27.エルサレムの丘 / 28.ナポリの夏 / 29.ミュールハウゼンとバッハの初期カンタータ / 30.追憶のワイマール / 31.ケーテンのバッハ さまざまな出会い / 32.憧れのヴェルツブルク / 33.ブリュッセル王室礼拝堂 / 34.ウプサラのブクステフーデ資料 / 35.風車のある景色 アムステルダム / 36.私の音楽旅行 / あとがき

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アボット さん

    多くの学者や演奏家の方々との出会い、交流を大切にされ、そこに電車などの旅の風景、その土地の食べ物が彩りを添えていて魅力的でした。 旅の記録が本当に詳細で日記がもとになっているのか、記憶力なのか気になりました。ドイツの東西統一以前、バッハの資料はどのようになっていたのか素人ながら気になっていたので、「新バッハ全集」を東西ドイツの学者達が共同で支えていた事が興味深かったです。一章ずつ読み終えるごとに、生き生きとしたさわやかな感情を持ちました。

  • どら猫さとっち さん

    バッハを専門とする音楽学者の旅行記。好奇心と探究心のために、訪れた世界都市は数多い。桁違いの行動力に秘めた、音楽の熱い想いと詩情。思い出の数々。

  • Robbie さん

    音楽学者がどんな職業で何をしているのかが垣間見れる音楽エッセイ。個人的な日記のような内容なので、よくぞ出版されたものと思います。ただ、個人史は非常に貴重な資料でもあり、音楽学の世界をめざすひとには参考になるのかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品