憲法を学問する

樋口陽一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784641227521
ISBN 10 : 4641227527
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
391p;19

内容詳細

目次 : 第1部 対論「憲法学の体系」(比較憲法学の体系を考える/ 方法としての「異世界」 ほか)/ 第2部 パネルディスカッション(「憲法学の体系」を聴いて/ それぞれの「知的母国」から ほか)/ 第3部 分科会(「統治と行政」/ 「個人の尊厳」 ほか)/ 第4部 総括討論(個人の尊厳/ 立憲・非立憲 ほか)

【著者紹介】
樋口陽一 : 東京大学名誉教授

石川健治 : 東京大学教授

蟻川恒正 : 日本大学法科大学院教授

宍戸常寿 : 東京大学教授

木村草太 : 首都大学東京教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • TM さん

    知的好奇心をくすぐられる良書。内容的には非常にレベルが高く,セミナーでこんな話をされてもほとんどついていけない自信がある(笑)が,先生方の問題意識は非常によく分かるところで,読んでいて知的興奮を感じずにはいられなかった。司法試験とはほとんど関係がないが,本質的に憲法学とはこういうものであるべきであり,政治を分析するツールでもあり,政治を考えるときの拠り所となるルールであるべきと感じた。憲法学の面白さは裁判規範としての憲法学だけではないということを実感できる。

  • check mate さん

    平成最後の読了本。宍戸先生の手堅さには好感が持てる。

  • フクロウ さん

    石川、蟻川、木村、宍戸の講師4人のうち石川回だけ学生側の発言がなくみっちり詰まっており、なんというかこう石川先生らしくて大変良い(笑) しかも石川回は憲法統治機構論をひととおり回したがよくわからないという人がよくわかるようになる名講義だと思われる。他の蟻川、木村、宍戸先生のセミナーもかなり読み応えがあるが、石川先生同様、かねてからの既発表論文のダイジェストという感じなので、これらの諸先生の既発表論文を読んでいる人には物足りないかもしれない。

  • 川ちゃん さん

    立憲非立憲

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品