新しい料理の教科書 定番の“当たり前”を見直す

樋口直哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838730247
ISBN 10 : 4838730241
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
184p;22

内容詳細

誰もがマネできる調理法で、誰もがおいしい料理を作れる最強のハウツー本。「note」の好評連載、「樋口直哉のTraveling Food Lab.」が書籍になります。著者は作家(第48回群像新人賞受賞)で、料理学校の講師も務める料理人。おいしさを引き出す驚きのテクニックを、写真とともに詳しく解説。その軽妙かつロジカルな文章で、読み物としてもたのしめます。手間暇かけて作ったのにイマイチな出来…せっかくの手料理をプロ級に美味しくしたい!悩むあなたに、目からウロコの樋口式テクを披露します。

●パスタとからませる前にケチャップを炒める(「喫茶店のナポリタンの作り方」)●親子丼の卵は常温に戻し、溶きすぎない(「親子丼について考える」)など

【著者紹介】
樋口直哉 : 作家・料理人。1981年東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。フランス料理の出張料理人として活躍後、作家に転身。『さよならアメリカ』(講談社)で第48回群像新人文学賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ユウ@八戸 さん

    図書館。品種改良や技術の発達、調理環境は変化しているんだから、調理方法も見直してみませんか?という本。料理本を何冊か読んでれば知っている内容もあるけれど、「なぜ昔はこうしてたか」「いまの素材で美味しく作るには」と書いてあるのがおもしろい。レシピの書き方も教科書ってこんな感じだったなぁという…読みやすいような読みにくいような。ハンバーグはへこませなくていい、むしろ滑らかに、というのが目から鱗でした。言われてみればそりゃそうなんだけど。やっちゃう。もっといろんなレシピで続きを読んでみたいです。

  • タイコウチ さん

    久しぶりに料理本を通読してみた。昔からある定番料理のレシピを現代の視点(科学と合理性)から見直すというもの。最近の肉や野菜の特性が昔とは変わっているというのも言われてみればそうかもしれない(小林カツ代もそんなことをずっと昔から言っていた)。すでに実行していることもあったが(ハンバーグの玉ねぎは炒めないというのは高山なおみのレシピで覚えたし、豚の生姜焼きにケチャップを加えるのもうちでは定番)、ほうれん草を茹でるのに塩はいらないなど、自分の料理習慣を見直すきっかけになりそう。こういう理屈っぽさは嫌いではない。

  • Machiko さん

    いいえダンナ様、決して心を入れ替えた訳ではありませんので。誤解なきよう。大体さあ、炭水化物がご法度な我が家じゃあ、はなから論外〜なメニューばっかりだし。ま、にんじんローストとかタマネギやアスパラのロースト位はイケるかな。あと、フライパンで肉を焼くときには脂身を外側に…だって。フライパンの表面温度は外側ほど高いので、脂身を焼くのに適しているそうな。ふむふむ。

  • みつけるちゃん さん

    料理は科学とはよく言うが、調理法の議論はしても、材料の物性が変化している可能性は忘れがち。品種改良や食品科学の進歩で、かつて常識だった手順も不要になりうる。時代によってベストな料理法は変わって当然という着眼点は面白い。自分の生きる時代に即した調理知識は不可欠だと感じさせられる。一方で科学的根拠が薄く、物足りなさも残った。茹で汁に塩を入れるか、色止めは必要かなど野菜の種類によって異なる点があったが、その所以は提示されず。後半は文献を引用していたが、全編通してそのスタイルを一貫すれば説得力も増したのでは。

  • Masahiro Tanaka さん

    科学的なアプローチから既存のレシピを見直す、という本書。とても興味深かった。一方で、調味料の量などは「感性」という感じで「適量」として、「自分で失敗しながら決めてくれ」というスタンス。これはこれで興味深い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

樋口直哉

作家・料理家。1981年東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。2005年『さよならアメリカ』(講談社)で第48回群像新人文学賞を受賞しデビュー。同作で芥川賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品