トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口

楠本和矢

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781619286
ISBN 10 : 4781619282
フォーマット
発行年月
2020年11月
日本
追加情報
:
201p;19

内容詳細

行動経済学を、マーケティング領域へ! ものが売れない時代の最強ツール 5つのカテゴリーと26の切り口で、行動経済学をマーケティングと結びつける。明日からビジネスの現場で「使える」アイデア満載。難しい、分かりづらい、使えないといった問題をスッキリ解決!使いやすさナンバー1の一冊!

【著者紹介】
楠本和矢 : マーケティング戦略アドバイザー/プロフェッショナルファシリテーター/作家。大阪府立茨木高校、神戸大学経営学部卒。新卒で総合商社の丸紅に入社。新人の年に、自身が提案した新規事業開発担当となり、国内初の某領域ビジネス立ち上げに成功するも、事業推進における「マーケティング」の重要性を痛感し、その世界へ転身。その後、某コンサルティング企業のトップコンサルタントとして最前線にて活躍。顧客との「垣根を越えたパートナーシップ」をポリシーに掲げ、数々のプロジェクトを成功に導く。クライアントのプロジェクトメンバーとの対話を通じて実効性のある戦略を引き出し、メンバーを効率良く動かしていく「ファシリテーション型」の進行を得意とする。現在は、当該領域におけるクライアント内製化を目的に、人材開発や組織開発に関連する取組みにも注力(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    言葉が難しく体系化されていない行動経済学をマーケティング領域で実践的に活用するための一冊。文中で出てくる理論はいずれもどこかで聞いたことがある内容で、目的別に分類して26の切り口で具体的な事例として紹介する形式。どういう切り口で紹介して知ってもらうべきか、それをどう購入に結びつけるのか、顧客の心理を分析しながらの施策は興味深く読みましたけど、そこから実践に移そうと思うとやはりそのまま使えるわけでもなくて、着想をどう落とし込むのか一工夫が必要ですね…でも読みやすくはあるので知っておいて損はないと思いました。

  • dai さん

    行動経済学をマーケティングに生かすようにアレンジした良本。理論をアナロジカルで抽象化し、転用するプロセスも手順と例が示されていて分かりやすい。 人の感情的価値に着目し、それを理解した上で適切なコミュニケーションを取るため、CX設計の1つのアプローチになるのではないか。(CX設計とは、非合理的価値に着目し、その不満な感情の解消や、感動的な感情を生み出すコミュニケーションの在り方を指す。今まで聞いたCX設計は企業提供目線の設計で違和感を感じていた) 行動経済学を生かし、説得性あるマーケティングを実現したい。

  • チョコボール さん

    事例→解説→理論→適用条件と非常にわかりやすく順序をもって書かれているので、ひたすら理論を並べている本に比べて理解がしやすく、とても勉強になります。 活用イメージは自分でまず考えてから読むと新たな発見があり面白いですが、やや強引な部分も感じられました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

楠本和矢

マーケティング戦略アドバイザー/プロフェッショナルファシリテーター/作家。大阪府立茨木高校、神戸大学経営学部卒。新卒で総合商社の丸紅に入社。新人の年に、自身が提案した新規事業開発担当となり、国内初の某領域ビジネス立ち上げに成功するも、事業推進における「マーケティング」の重要性を痛感し、その世界へ転身

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品