風景は記憶の順にできていく 集英社新書ノンフィクション

椎名誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206975
ISBN 10 : 4087206971
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
追加情報
:
254p;18

内容詳細

著者は、自身の原点となった様々な“街”に再会する旅に出る。浦安、銀座、熱海、浅草、四万十川、石垣島の白保、銚子、新宿…。日本各地を巡る旅は、これまでの人生に堆積してきた記憶の断層を掘るかのようで、なつかしい風景に心震わせ、感無量となることもあれば、思いがけず困惑し落胆することもあった。作家の原点となった街やいまだ昭和の空気をまとう町など、現在の風景を入り口に記憶をたどる。

目次 : 浦安―海は遠くに去りもう青べかもなかった/ 新橋・銀座―かわらない風もときおり吹いて/ 武蔵野―雑木林がなくなったなつかしい武蔵野のからっ風/ 熱海―老衰化「熱海」万感の一五〇〇円/ 中野―中野ブロードウェイ成功した換骨奪胎/ 神保町―まだまだ安心/ 浅草―雨の浅草でよかったような/ 四万十川―変わらないチカラ/ 石垣島の白保―珊瑚の海は守られた/ 舟浮―イリオモテ島「舟浮」チンチン少年を探しに/ 銚子―地球はまだまだ丸かった 銚子の灯台、近海キハダマグロ/ 新宿―旅人は心のよりどころに帰ってくる

【著者紹介】
椎名誠 : 1944年東京都生まれ。作家。写真家、映画監督としても活躍。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥 さん

    シーナさんの自分の「想い出の地」を巡るプチ旅行記。幼少の頃に過ごした浦安に始まり、サラリーマン時代の新橋、銀座、映画撮影で訪れた四万十、沖縄、そして最後は新宿。それぞれに思い出があり、当時との景色の差に驚いたり、変わっていないことに安心したり。自分もこれまでに各地を転々としたので、それぞれの場所に想い出がある。昨年も久し振りに行った大学の食堂が、バラックからお洒落なカフェテリアに変身していて驚いた。小学生の頃毎日遊んだ原っぱは今どうなっているだろう?そんなことを考えながら読みました。★★★

  • バニラン さん

    椎名誠の原点となった街に再会する旅行記。そういえば昔読んだ本にこの場所がかいてあったな〜とか、こんな感じのところに旅をしていたのか・・などと思いながら 読んだ。かつて映画を作ったり旅番組で撮影された場所の人々がいなくなり閑散としている風景がとても寂しく感じた。

  • ホークス さん

    椎名誠が自身にゆかりの深い土地を訪ねて回る。独自のユーモアを交えて土地への愛着やエピソード、そして容赦ない時の流れが語られる。亡くなった友人達との思い出や別れが度々出てきて、「人間の命は折り紙細工のようにはかなく頼りなく」「ただの偶然で生かされている」とつぶやく。自分にとって氏は逞しく前向きなイメージが強く、喪失感を噛み締める姿には、ことさらに人生の苦味を感じた。国分寺の酷薄な変化、高知四万十の静かな寂れぶりなどは、氏が書くべきテーマであったと思われる。

  • 佐島楓@執筆中 さん

    シーナさん自ら思い出の地を再訪するエッセイ。いつものユーモアは鳴りを潜め、風景の「進化」と「退化」という言葉が何度か使われる。「変わらない」ということがそれはそれできっぱり「進化」ではないか、と。確かに再開発などでがっくりさせられることが(東京在住の私には)多い。哀愁という言葉がこんなにしっくりくる本を久しぶりに読んだ。

  • ikedama99 さん

    図書館から借りた本。タイトルは意味深だけど、中身はもっと面白い。記憶に従っての訪問・・。思い出されるシーナワールドもあって、面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

椎名誠

1944年6月東京都生まれ。東京写真大学中退。世界の辺境地区への旅をライフワークにしている。79年、エッセイ『さらば国分寺書店のオババ』でデビュー。88年『犬の系譜』で第10回吉川英治文学新人賞、90年『アド・バード』で第11回日本SF大賞受賞。映画監督作品に『白い馬』など(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品