台風一過

植本一子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027999
ISBN 10 : 4309027997
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
 ECD
追加情報
:
297p;19

内容詳細

壮絶なる闘病生活の果に、夫にしてラッパーのECDが亡くなった。激変していく毎日の暮らしのなかで、今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは? 気鋭の写真家が記録した、新しい家族の形。

自分自身として生きること、
自分たちの家族をつくること――。
気鋭の写真家が模索した鮮烈なるドキュメント。


2018年1月24日、壮絶なる闘病生活の果に、末期癌を患った夫にしてラッパーのECDが亡くなった。悲しみと喪失感が押し寄せるなか、激変していく毎日の暮らし。友人たちの支え、ふたりの娘の成長、そして新たな恋人との出会いの先で、今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは――。気鋭の写真家が記録した、新しい家族のかたち。

【著者紹介】
植本一子 : 1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mincharos さん

    植本さん最新作。石田さんが亡くなってからの1年間の日々。すぐに新しい彼氏が出来ていて、一緒に暮らしていることにまずびっくり。2人の娘たちは懐いてはいるけど、彼氏だとは思いたくない様子。「だってお母さんにはお父さんがいるでしょ?それって浮気でしょ」「でもお父さんはもう死んじゃったでしょ」な会話。前作であんなに石田さんに対する扱いがひどかった一子さんだけど、さすがに亡くなってしまうといいところばかり思い出すようで。人間ってそういうもんなんだろうな。もし次作が出たらまた私は読んでしまうんだろう。不思議な吸引力。

  • アコ さん

    シリーズ5冊め。がん闘病の夫・石田さんが亡くなったところからの日記。出だしから「○○さんが〜」の連呼なので、これが著者初読みだと意味不明すぎない?とまず思う。過去作を読んできても誰が誰だかのままだったし。まあ日記だからと言われればそれまでだけど。同居する彼氏の登場には、彼女らしいなと。(妙に達観した目線になってる笑)彼氏のみならず、たくさんの○○さんに助けられる2児との生活。著述だけではわからない魅力がある女性なんだろう。ただ、他人様に薦めるかと言われれば微妙。でも不思議と読んじゃうんだなあ。

  • りいこ さん

    石田さんが亡くなってから一年間の日記。今回は涙無しでは読めない。前作『降伏の記録』の終盤を読んだときは愕然とした。だけど、今作を読むと「なんだ植本さん。ちゃんと石田さんのこと想ってるじゃない」なんて、何目線だかよくわからない安心感みたいなものを覚えた。ミツさんのことは、くらしちゃんとえんちゃんからしてみれば複雑だと思う。周りや読者から批判もあると思う。私自身、ちょっとどうなのと初めは思った。でも以前より植本さんがだいぶ穏やかになったように感じて、少なくとも今はきっとこれでいいんだろうなって考え直した。

  • つくえくん さん

    身近な人を見送って1年、自分は何を感じていただろう。時折思い出して悔やんだり腹が立ったりしていた。自分が嫌な人間だと認めたくなくて、考えるのをやめた。自分の形が少し歪んで、それが波紋となって広がっていくのを見つめる毎日だった。 きっと彼女も、毎日の忙しいなかに石田さんを見出し、見ないようにしたり、見つめたりして過ごしてきたのだろう。実直な文章に、私生活をのぞいているような気分になる。

  • rin さん

    ★★★★★…再読。世の中にはありとあらゆる子育ての本や暮らしにまつわる本が出ている。丁寧にとか、物を減らしてとか、怒らないとかたくさんのプラスイメージの言葉が踊っている。植本さんの本は真逆をいっていると思う。ネガティブなことや、それはちょっと…と思うことも書いてある。でもどっちが自分に響くかと言ったら、圧倒的に植本さんの本。手本にしたいとか、全面的な肯定の気持ちで読んでいるわけではないけど、植本さんの本には“本当のこと”が書かれていると思える。キラキラした綺麗な本からは伝わってこないリアルがここにある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

植本一子

1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動中。2013年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている(本データはこ

プロフィール詳細へ

植本一子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品