太陽と乙女 新潮文庫

森見登美彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101290553
ISBN 10 : 4101290555
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
561p;16

内容詳細

四畳半時代の秘蔵日記から、創作のウラ話、台湾誌連載までを丸ごと収録した、森見ファン必読のエッセイ大全、待望の文庫化です。


【著者紹介】
森見登美彦 : 1979(昭和54)年、奈良県生れ。京都大学農学部大学院修士課程修了。2003(平成15)年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、作家デビュー。’07年、『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。’10年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 夜長月🌙 さん

    モリミーの作品は5冊目。エッセイは初めてです。実は森見さんが結婚していることにびっくりしました。勝手な思い込みで四畳半の独身男性と思ってました。考えてみればこんな大作家さんが四畳半のはずも無いのですが……。そして奥さんについての語りが愛にあふれています。誕生日のプレゼントの話や「どうしてモミマンでないのか?」やかぐや姫の嘘にほっこりしました。

  • ソラ さん

    森見さんのエッセイ集。 文章の雰囲気がとても好きなので楽しめた。

  • ponpon さん

    森見さんのデビュー以来の、ほぼ全ての短文を収録したエッセイ集。時間のあるときにパラパラと読み進めることを後書きで推奨されてましたが、それを目にしたのは一気読みした後…。大学時代のこと、当時の友人のこと、そしてデビュー後の病のこと。様々な出来事が今の作品に繋がっていて、作品の根っこには奈良と京都の風景があるのかなと思います。ただ、変な大学生は森見さん自身の投影ではなかったのですね。まだまだ、未読作品も多数残しているので、どんな森見作品に出会えるか楽しみです。

  • りこ さん

    デビュー以後、様々な媒体に発表したエッセイがまとめられているファン垂涎の一冊。偽京都への思い入れや執筆の悩み、妻への愛などがたっぷり詰まっている。作品の裏話も知ることができて楽しい。森見氏が「小説とは何ぞや?」という問いと真剣に向き合う姿が素敵だった。性根はひどくマジメなはずの森見氏があのヘンテコで破天荒な世界を生み出していると思うとまたオモチロイ。1600枚の日記はぜひ森見登美彦記念館に飾ってほしい。7月末に出る予定の新刊『四畳半タイムマシンブルース』もとても楽しみだ。

  • Keystone さん

    モリミーが病んで苦しんでいた時期にも、苦しみながら書き続けていた文章は、読んでいても苦しい。行きたくはならないけど、富士山登山の話は面白かった。少ししか登場しないが、奥様とのエピソードはどれもとてもかわいくて、ほっこりする。文庫じゃなかったけど、単行本の方は見つけられず。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森見登美彦

1979(昭和54)年、奈良県生れ。京都大学農学部大学院修士課程修了。2003(平成15)年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、作家デビュー。’07年、『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。’10年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された

プロフィール詳細へ

森見登美彦に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品