全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

森田直行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784822250201
ISBN 10 : 4822250202
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
251p;19

内容詳細

「アメーバ経営」を知り尽くした著者による、企業経営者必読の一冊である。
──稲盛和夫京セラ名誉会長

世の中には数々の経営手法がありますが、アメーバ経営がそれらと一線を画すのは、導入することにより
意思決定の仕組みや組織、事業の構造だけでなく、目に見えない企業文化や働く人々の人生観、価値観までが
変わっていくところにあります。(本書「はじめに」より)

2010年1月、会社更生法の適用を申請し、事実上経営破たんをした日本航空(JAL)の会長兼CEOに、日本政府と企業再生支援機構の強い要請を受けて稲盛和夫京セラ名誉会長が就任。著者も管財人代理・副社長としてこの難題に取り組んだ。JAL再建の切り札となったのが、京セラの経営管理手法「アメーバ経営」だった。その後、JALの業績は、当事者が驚くほど劇的に回復、2013年9月には会社更生法申請からわずか2年8カ月という短期間で、JALは東京証券取引所に再上場を果たした。
本書は、アメーバ経営の仕組みと具体的な実践方法を経営者向けに本格的に解説した初めての本。著者の森田氏は京セラに入社以来、アメーバ経営の仕組み作りに取り組んできた。本書ではJALを含め、製造業、病院、介護事業者、通信会社などへの導入事例を題材に、アメーバ経営を詳細かつ、やさしく解説する。
巻末に「早わかりアメーバ経営」「アメーバ用語集」の付録つき。

著者
森田直行(もりた・なおゆき)
KCCSマネジメントコンサルティング(KCMC)会長。1942年、福岡県生まれ。鹿児島大学卒業後、1967年、京都セラミック(現・京セラ)に入社。アメーバ経営の仕組みと情報システムの確立・推進を担当。1995年、社内ベンチャーとして始めた事業をベースに京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)を設立、社長に就任(現相談役)。2006年、京セラ代表取締役副会長。2010年、経営破綻したJALグループの再建に参画、副社長として稲盛和夫京セラ名誉会長とともに部門別採算制度の導入による経営改革を実行し、再建に貢献した。2012年、中国に京瓷阿美巴管理顧問(上海)有限公司を設立し、董事長に就任。アメーバ経営の伝道に日々心血を注いでいる。

【著者紹介】
森田直行 : KCCSマネジメントコンサルティング(KCMC)会長。1942年、福岡県生まれ。1967年、鹿児島大学卒業後、京都セラミック(現・京セラ)に入社。アメーバ経営の仕組みと情報システムの確立・推進を担当。1995年、社内ベンチャーとして立ち上げた事業をベースに京セラコミュニケーションシステム(KCCS)を設立し、社長に就任(現・相談役)。2006年、京セラ副会長。同年、KCCSのコンサルティング部門を分社化しKCMCを設立、社長に就任。2011年、KCMC会長。2012年、中国に京瓷阿美巴管理顧問(上海)有限公司を設立、董事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    稲森和夫とともにJALに乗り込み、見事に再建させた森田直行氏が語る「アメーバ経営とは何か」会社を小規模チーム(アメーバ)に分割し、収入と支出を定義して単位時間当たりの採算性をリアルタイムで追求。「家計簿がつけられれば誰でも経営できる」というだけあって、シンプルで分かりやすい。稲森フィロソフィでは長期的な人間力の改善を目指す一方、アメーバの目標は短期的で改善効果がすぐに分かるためモチベーションを高めやすい。JALのエピソードだけでなく、製造業/サービス業への実際の適用事例も興味深かった。名著。

  • ゆうじ さん

    入門書として適しているかはわからない。巻末にある早わかりアメーバ経営を読んでからページをめくってもよい。市場に直結した部門別採算制度。全員参加。時間あたり採算表。

  • 牧神の午後 さん

    アメーバー経営の概説だけど、稲盛会長のものと比べると入門的な位置づけかな。ただ、製造業以外への展開にも言及し、事例を出してくれているのは参考になる。但し、予算制度二対しては少し貶めすぎているかも?予算制度をとっている企業でも経費予算をちゃんと運営している企業も多いですよ?

  • abekinu さん

    稲盛氏のアメーバ経営の本を読み、実際の実働部隊はどうやったのかを知りたくて読む。病院経営にも適応した例があり、製造業だけではなく様々な業種で応用できることを知った。うまくいく例だけではなくうまくいかなかった例も知りたい

  • 大奥のじぃ さん

    稲盛経営の真髄はアメーバー哲学でも時間当たり採算の分析手法でもなく、人間臭い妥協や甘えを許さない真剣勝負を続ける生き様に他ならないのですね。予定の上ブレも下ブレも許さない徹底振りに心底恐れ入ります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森田直行

KCCSマネジメントコンサルティング(KCMC)会長。1942年、福岡県生まれ。1967年、鹿児島大学卒業後、京都セラミック(現・京セラ)に入社。アメーバ経営の仕組みと情報システムの確立・推進を担当。1995年、社内ベンチャーとして立ち上げた事業をベースに京セラコミュニケーションシステム(KCCS)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品