日本後紀 下 講談社学術文庫

森田悌

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061597891
ISBN 10 : 4061597892
フォーマット
出版社
発行年月
2007年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
森田悌 ,  
追加情報
:
15cm,388p

内容詳細

桓武・平城・嵯峨・淳和、四代の天皇の時代を描く史書『日本後紀』は平安時代理解に欠かせぬ重要文献である。天皇の詔勅、公卿の任官、矢継ぎ早に下される施策や法令、くわえて、海外との交流、諸国の動静、庶民の様子などさまざまな行政記録や出来事が満載されている。また、人物の伝記やその人物の評価、和歌も多く収める。漢文体で書かれた官撰の史書、待望の口語訳、全巻完結。

目次 : 嵯峨天皇(巻第二十五(逸文)―弘仁七年正月‐同八年三月/ 巻第二十六(逸文)―弘仁八年四月‐同九年四月/ 巻第二十七(逸文)―弘仁九年五月‐同年十年十二月/ 巻第二十八(逸文)―弘仁十一年正月‐同年九月 ほか)/ 淳和天皇(巻第三十一(逸文)―弘仁十四年四月‐同年十二月/ 巻第三十二(逸文)―天長元年正月‐同年十二月/ 巻第三十三(逸文)―天長二年正月‐同年十二月/ 巻第三十四(逸文)―天長三年正月‐同年十二月 ほか)

【著者紹介】
森田悌 : 1941年埼玉県生まれ。東京大学文学部国史学科、同法学部公法課程卒業。専攻は日本古代史。文学博士。金沢大学教授を経て、群馬大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • feodor さん

    嵯峨朝・淳和朝の二代にわたる。徳政が大切らしく、桓武朝でも三子生まれた親に対する褒章や夫の死後再婚を拒む貞女や孝子に対する褒章も散見する。また、渤海国王との交流もよく出てきた。 下巻では、逸文が多くて、それほどに楽しくなかったかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品