カスタードのおやつ クリームの作り方と洋・生・焼き菓子のとろけるバリエーション

森崎繭香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416716120
ISBN 10 : 4416716125
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
95p;23

内容詳細

目次 : カスタードの基本(カスタードクリームの作り方/ カスタードソースの作り方 ほか)/ 定番のカスタードおやつ(大判焼き/ カスタード春巻き ほか)/ ちょっぴり贅沢なカスタードのおやつ(マフィン/ バニラスフレ ほか)/ カスタードのカップデザート(プリン/ 冷し固めるだけのメープルカスタードプリン ほか)/ こぼれカスタードレシピ(クリームパン/ いろいろ使えるカスタードペースト ほか)

【著者紹介】
森崎繭香 : フードコーディネーター、お菓子・料理研究家。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。レシピ本の出版を中心に、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオへの出演など幅広く活躍中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピに定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よこたん さん

    ほんのり黄色い液体に火を入れる。ふつふつ、甘い香りが漂うと、ぽってり艶々のカスタードクリーム、とろりとカスタードソースが出来上がる。挟んだり詰めたり載せたり塗ったりだけでなく、これをベースと捉えると、使いみちがどんどん広がる。粉を混ぜ込んでビスコッティやチーズケーキの生地に、凍らせてバニラシャーベットに、氷と一緒にミキサーにかけてミルクセーキに。色々おいしそうだけど、やっぱりシュークリームとミルフィーユがいいなぁ。はみでる位たっぷりと〜しかしこれは確実に肥える要因となることは間違いない。

  • salvador さん

    カスタード大好き。見ているだけで、甘い香りが漂ってきそうで幸せ。アレンジで、ラムフィグ、紅茶、ラズベリーのカスタードはおいしそう。簡単だからやってみる。

  • ロバパン さん

    図書館で借りた本です。

  • はいゆき さん

    作りやすい。カスタード初心者でも、おいしいカスタード入りマフィンが焼けました。カスタードを混ぜ込んだビスコッティもすごく美味しそう。

  • 本日記 さん

    手作りカスタードクリームを使ったお菓子をどうぞ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森崎繭香

フードコーディネーター、お菓子・料理研究家。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。書籍やWEBへのレシピ提供、テレビ、ラジオ出演など幅広く活動中。身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピを心がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品