CD

いくつもの川を越えて生まれた言葉たち

森山直太朗

基本情報

カタログNo
:
UPCH1271
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤, スタジオレコーディング

商品説明

語り部、森山直太郎のセカンドミニアルバム。『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』に続く注目の作品です。ヒットシングル「さくら」で浸透した郷愁感と、凛とした力強い彼の存在感が音楽を通して伝わってきます。今作は、初夏から晩夏といった一季節の時の経緯を和の心で奏でた、森山直太朗の繊細な感性が発揮された作品。季節の変わり目という難易度の高いコンセプトを題材に楽曲創りにチャレンジし、四季を暖かく優しい森山ワールドで構成しています。どこか郷愁感を感じさせるメロディと情感溢れるハートフルな歌声、そしてアルバムを聴いていると行ったこともない自然の風景が浮かび上がってくる…。それは我々日本人のすべてが記憶に残っている心の故郷。
メガヒットとなった「さくら」から、彼自身も成熟していく様子はアルバムとシンクロしているようで等身大の彼がうかがえる1枚に仕上がっています。「さくら」の1曲だけのブームに終わらず、独自の視点で良質な楽曲を生み出し続ける現在の森山直太朗の心の風景が見えてくるような1枚です。

内容詳細

『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』に続く2ndミニ・アルバム。初夏という季節の変わり目をコンセプトにした本作、郷愁感を誘いつつも一回りスケールアップした素直な歌が聴ける。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2世だなんだと言う人もいるが、この人の声...

投稿日:2012/10/19 (金)

2世だなんだと言う人もいるが、この人の声は本当に素晴らしいと思う。声という歌手最大の武器は2世七光りだからといって、持てるものではない。

1
★
★
★
★
★
 「さくら」が入っていなくたって充分名曲...

投稿日:2011/07/01 (金)

 「さくら」が入っていなくたって充分名曲が沢山あることを証明した1枚という感じがする。  彼の歌の世界観が好きな人はこのアルバムも好きなアルバムだと思う。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
風唄のィントロ聞いた時にビビッと来ました。。...

投稿日:2005/06/23 (木)

風唄のィントロ聞いた時にビビッと来ました。。聞いたら感動しました。このァルバム借りて聞きましたが、ずっと手元に残して置きたいです。『風唄』と『夏の終わり』が大好きです★=‐

MoriC さん | 不明

0

おすすめの商品