小説家という職業 集英社新書

森博嗣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205480
ISBN 10 : 4087205487
フォーマット
出版社
発行年月
2010年06月
日本
追加情報
:
18cm,199p

内容詳細

激しく揺れ動く出版業界。コンテンツ生産者はどうすべきか。人気ミステリー作家が明かす、小説家になるための心構え。自らの体験を踏まえつつ、ビジネスとしての小説執筆はどうあるべきかについて書き下ろす。

【著者紹介】
森博嗣 : 1957年生まれ。作家。工学博士。某国立大学工学部建築学科で研究をする傍ら、1996年に『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後、次々と作品を発表し、人気作家としての不動の地位を築く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
森博嗣は新書も面白い。こういう客観的な視...

投稿日:2012/10/17 (水)

森博嗣は新書も面白い。こういう客観的な視点を持てる人でありたい。

ameg さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    『作家の収支』と同時に購入して積んであった。内容や主張はかなり重複している。そして、こちらの方がより鼻につく。森氏自身の興味の埒外のものについての切り捨て方がなかなかに冷淡。私自身は"まあまあ好きな方"くらいのファン度だが、コアなファンの方はこれを読んでも「やっぱり森さんって天才!」となるのだろうか。しかし、ほとんどの作品をぶっつけ本番で書ききっているというのは素直にすごいと思う。淡々として見えても、湧き出すものが過剰にあるから成立しているのだろう。森氏の小説は読み直したくなったが、小説以外はもういい…。

  • mitei さん

    小説家ってずっと小説を読んでるイメージが強かったが、サイドビジネス感覚でやってる人もいるんだなとしった。著者の納期を守る感覚は普通のサラリーマンの世界なら当たり前のことだと思ったが出版社はそうではない世界なのだなと感じた。

  • コットン さん

    小説家についての森さんの本なので手に取った。特に気になったのは「自然を自分の目で見ることは、冒険あるいは挑戦である。」という。何の先入観もなく自分の言葉で再構築できるか?が重要なポイントなんだろう。

  • ナカダマサトウ さん

    「読む」鍛錬をきちんと積まずに「書」こうとする人間は総じて愚かだ。個人的には「読む」行為のほうこそ難しいと思ってはいるが。ところで森博嗣は変人だ。まあだからこそ作家でいられるのではあるが。国立大学の助教という肩書がありながら、「私はビジネスとして小説を書くことにした」と公言できる思考法は、少年少女が抱きそうな「夢」とはまったく異なる視座を持ちあわせている。「操縦はできないけどパイロットにはなりたい」人間たちのくだりは実に的を射ていて明快。

  • KAKAPO さん

    森博嗣先生のこの手の本を読むのは『作家の収支』に続いて2冊目です。森先生にとって小説を書くことは、作家になるためだったわけではなく、趣味に使うためのお金を稼ぐための手段だったわけですけれども、「いざ小説を書き始めると、次から次へと発想が生まれ。書いている物語はもちろん、次のこと、その次のこと、別のシリーズのことなど、どんどん発想される。そういう発想が、執筆の邪魔になるくらいだ。」と書かれているように、やはり非凡な人なのだと思います。その森先生からのアドバイスは、「とにかく、書くこと、これに尽きる」でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森博嗣

工学博士。1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は、まんが化、ドラマ化、アニメ化などされ、多くのクリエータに影響を与えた。以降、ミステリィ、SF作品を発表。エッセイや新書も多数刊行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド